新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワクチンの輸送を考える上で、その保管方法も考慮しなければなりません。多くのワクチンは、2度から8度の冷蔵が必要とされ、先行している新しいタイプのワクチンの中には氷点下の「冷凍」での保管が必要なものもあります。

「冷蔵」や「冷凍」保存が必要となると、それに対応できない航空機も多く、ただ航空機を準備するというだけではなくなります。それ相応の航空機の準備、また輸送先の周到な準備も必要とされます。
モデルナやファイザーが開発しているmRNAワクチンというタイプは-80度で保管する必要があるので、もし治験に成功したとしても、輸送や医療施設で保管するときの設備をどうするかというインフラの問題があるのは確かです。
ワクチンの輸送は多くの途上国でも検討課題となっていてます。
個人的には食べるワクチンに期待してる(特殊な保存方法がいらない

米製薬会社バクサート、常温で保存可能な経口型コロナワクチンの初期治験開始
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/10/post-94696.php
ワクチン空輸は"世紀のミッション"と言われてます。

ワクチンが承認を受け、その後大量に生産されても、適切な計画なしにはそれらを目的地まで正確に輸送することはできません。

旅客減少でマイナスなニュースの多い航空業界ですが、歴史に残る対応を期待いたします。
米国企業がワクチンの輸送確保に動いたのは確か8月頃のはずです。株式の市場でかなり話題になりました。当然ボランティアであるはずもなく、インセンティブの力ですね。
「一企業が単独で解決できる問題ではない」
これに尽きる。
大量輸送は船のイメージを持っていますが、どうなんでしょうか。
ワクチンができても輸送する術に課題。輸送できた後はどんな課題が待ち受けている?
IATA=国際航空運輸協会の物流部門のトップがNHKの単独インタビューに応じたとのこと。
ワクチン開発が始まったばかりの頃から言われていたこと物流の整備が急がれます