新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
太古の昔、男は狩りに出て、女は家で子育てをしていました。

男脳と女脳が異なるのは、この時代の遺物だと言われています。

腕力のある男が外で仕事をし、同時処理能力の高い女が子育てや家事をするのは、それぞれの能力を活かす役割分担だったのでしょう。

いつのまにか外で仕事をする方が「エライ」という気風が生まれ、男尊女卑の思想が蔓延するようになりました。

また、仕事の質が多様化し、頭脳労働の質によっては女脳の方が向いている分野がたくさん出てきました。

このように考えると、「男は仕事、女は家庭」という区分はあまりにも大雑把すぎる区分です。

仕事の中でも男に向いた仕事と女に向いた仕事があるでしょうし、家庭の中でも男に向いたことと女に向いたことがあるはずです。

これからは、もっと緻密は役割分担を考えるべきではないでしょうか?