新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Capgemini社の「World Wealth Report 2020」によると、富裕層が理想とする手数料体系は、残高ベースから投資パフォーマンスベースやサービス品質ベース(投資パフォーマンス含む)へと移りつつあるとのことです。
証券売買手数料や投信運用報酬が大きく低下する状況において、顧客が金融サービスに求める費用対付加価値の要求水準は高まりつつあり、それに応じて手数料体系を柔軟に設計することは確かに必要と考えます。
ただ、手数料体系の設計のみでは不十分であり、顧客ひとり一人にカスタマイズした付加価値の提供がこれまで以上に要求されることは間違いなく、生産性を高めつつそれを達成するためには、業務工程でのテクノロジーの導入は不可欠です。
預かり資産が増えるほど手数料が上がるんじゃなくて、成功報酬型にするってことじゃないのかな?
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.34 兆円

業績

業績

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
6.18 兆円

業績