新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゴールドマン・グループを起訴していたのは、米国司法省です。ゴールドマンが有罪を認めて、制裁金を支払う相手も米国です。
 この案件は、ゴールドマン・サックス・グループの子会社、ゴールドマン・サックス・マレーシアがマレーシア政府から受託したものです。マレーシア政府が保有する投資ファンド、1MDBを運用し、多額の損失を出しました。この多額の損失を出したことについては、マレーシア政府に39億ドルを支払うことで、マレーシア政府とは和解しています。
 しかし、マレーシア政府と和解したからといって、米国の海外腐敗活動防止法で無罪になる、というわけではありません。米国の海外腐敗活動防止法(FCPA)は、日本だと不正競争防止法で規定されている内容ですが、外国の公務員にワイロを贈ったりすると有罪になります。欧米や日本の企業が、中国企業に比べるとアフリカや中東で事業を展開しにくい一因にもなっています。
 なお、マレーシアの政府系投資ファンド1MDBの損失というのは、ゴールドマンが投資に失敗した、という話ではなく、当時のナジブ首相が、このファンドを海外の自分名義の口座に隠匿したり、お友達の会社に採算度外視で融資したりした結果です。途上国では政府系投資ファンドというのは、だいたいこういう使われ方をします。もちろん、中東などでもそうです。米国の金融大手というのは、そういうことを承知の上で、途上国政府の投資事業を受託します。
 今回のマレーシアの件は、選挙で政権交代が起きた結果、マハティール政権ができて、ナジブ前首相の汚職を追及するようになったので、米国本国まで巻き込む事案になりました。王政とか、政権交代が起きる心配のない体制の途上国であれば、こういう事案は起きません。
GS史上最大の悪いスキャンダルでした。

昨日CEOから全GSアラムナイに対して本件に関する総括のメッセージが届きました。記憶する限りこれまで受信した中で最も長文のメッセージでした。

特に印象的なのは↓。金融業はレピュテーションが他社との差別化要素になります。元GS幹部のティム・ライズナーの個人に責任をなすりつけることはできず、組織の仕組みやコンプライアンスを徹底するカルチャーの改めての浸透が最重要事項です。

—以下コピペ—
First, as an organization that seeks to live up to a common set of ideals and values, we are responsible for each other’s actions. We all share in the benefits when our colleagues perform well for our clients. The opposite must be true as well. When a colleague knowingly violates a firm policy, or much worse, the law, we – as a firm – have to accept responsibility and recognize the broader failure that individual behavior represents for our firm.
少なくとも客観的に見て、米国当局にとってもゴールドマンにとっても、大統領選と議会選の前に決着しておくことには意味があります。

仮に民主党が大きく勝利した場合、これまで調整してきた処分内容が金融機関にとって厳しい方向へと修正を余儀なくされる可能性があるわけです。
投資部門の収益が悪化していたなか、大口の案件として相当熱を入れていたようすがうかがえます。一時的にでも、財務諸表の見栄えをよくしようということから贈賄に関与したのでしょう。

そのツケは大きかった。マレーシアには和解金として38億ドル。米国では不正行為に対する罰金で23億ドル、不正利益として6億ドルの支払い。

投資部門では収益が上がらないとして、リテールを拡充している最中です。それが別ブランドのMarcus。Apple Cardの発行やGMのクレジットカード部門買収など。

しかし、リスクマネジメントができているのか疑問です。カード残高を積み上げるのは簡単ですが、不良債権の山になってしまう恐れがあります。
2年前にコメントした通り、2年で決着がついたということ。が、ここで書いた通り主犯格は早々に司法取引で逃げ切っている。また大手を振るって仕事してるでしょう。それがウォール街人種。
https://newspicks.com/news/3479660?invoker=np_urlshare_uid14321
株価はわずかにリバウンドしてますね。
個人的には終わった話になっていましたが、市場では行政措置を織り込んでいたんですね。
1MDB問題は、それまでにマレーシアがある程度のガバナンス改革をしてきた結果が、イメージ上はネガティブになった案件です。ナジブ首相が残した大きな負の遺産。そう考えると、マハティールの一度目の首相のあとに首相になったアブドゥラ首相の評価は見直されるべきと思われます。22年のマハティール政権の後だったので、妙に低い評価が多かったのですが、地味にガバナンス改革をしたり、イスラム金融を推進したりと、マレーシアにとってはプラスになることを結構やっていました。という話は、当時からしていましたが、あまり刺さっていなかった記憶があります。ナジブがマハティールの次をやるべきという意見が強かった。日本の産業界含めて。
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
8.45 兆円

業績