新着Pick

LCCジップエア、コロナ禍で採用拡大へ…航空業界で異例の経営判断

読売新聞
日本航空(JAL)の完全子会社で国際線LCC(格安航空会社)の「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」が採用を拡大する方針を固めたことが21日、分かった。航空業界は新型コロナウイルスの感染拡大で乗客が軒並
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いつの時代でも、逆張りというのは考えるべき戦略のひとつ。

航空業界の人々のことを考えても、上手くマッチングすると良いですね。
もちろん素晴らしい取り組みなんですが、ジップエアって使用機材がボーイング787-8型機2機しかなく、来年度導入予定の機材も787を2機とのこと。

なので、逆張りの採用拡大、ジェットスターから解雇された人を受け入れるといっても受け皿は小さいような気がしています。

さらに、ジェットスター・ジャパンの使用機材はエアバスなので、パイロットはジップエアのボーイング787を操ることができません。

続報が気になります。
航空貨物の主力を担っていた旅客便が大きく減便している現在、航空貨物運賃は概ね50%以上、iPhone関連など精密機械の輸送の多い中国や台湾・韓国を起点とする場合には2倍近くなっているケースもあると聞きます。旅客便が飛ばせない会社でも、床下の貨物輸送だけでもペイできる程度の稼ぎにはなるため、中国など各地に貨物便を毎日のように飛ばしているような状態です。
貨物機の保有が多く、また従業員の一時帰休など思い切った合理化を進めた韓国の大韓航空や台湾の中華航空がこの状況にもかかわらず黒字決算を計上していることからも、いかに航空貨物が儲かる代物であるかはお分かりいただけるかと思います。おそらくZIPも貨物だけでそれなりに収益が上がっているからこそすでに貨物便としてバンコク路線を運航していたものと思われ、今後長距離路線に進出するための実績づくりもしっかりと行いつつ、今後もコロナの収束を見計らって徐々に路線を拡大していく意思があるものとみられます。
特にZIPは他のLCCと違い単通路機ではなくワイドボディ機を使っているので、客室乗務員はより多くの人材を揃えておく必要がありますし、運航乗務員についても長距離線を運航するとなると往復で乗務はできず現地で休養させる必要がありますので、やはり人材が多く必要になります。今までは人材不足に喘いでいたのが、ある意味コロナのおかげで人手の確保には困らない状況ですので、まずは同じグループ内の企業で人材の配置転換という形で対応できるなら、という考えかと思われます。

ANAは先日から厳しい報道が相次ぎ、人材の流出もやむなしといった経営判断に見受けられますが、JALは頑なに人材は確保するという路線を貫いているように見受けられます。
様々な理由が考えられますが、裏で国交省が動いているのかもしれませんね。

航空関連の失業者(とりわけパイロット)は、ツブシが効きません。

逆に、養成するにも時間がかかります。

航空業界から大幅な人材減少が起こると、コロナ禍が収束した時に困ってしまいます。

会社更生法適用で余裕のあるJALに、国策の一環として依頼した???
ビックリするニュースですね。私はフィリピンのセブ島にいますが、DHLさんの飛行機はバンバン飛んでいます。
一般のお客はいませんが、貨物は好調のようです。
ジップエアさんも貨物で頑張っているのでしょうか?
そもそも、スタートしたところで小さいのが良かったのかもしれませんね。
これからも頑張って頂きたいです。
航空業界は全てダメという一面的かつ情緒的なものの見方がいかに正しくないかを示す好例。
確かに、旅客輸送は当分低調だが、貨物輸送はむしろ増えるだろう。そして、それに対応するスペックのコスト構造や人員配置があるはず。航空産業にも場合分けをしていけば活路はある。そして、やがて旅客需要は国内→国際へと戻る。そのための「環境適応」の一環として今回のようなことがあるのだと受け止めています。
同じJALが出資するLCCでもここまで事業戦略が違うのは戦略的なのかたまたまなのかが気になるところです
ジェットスターの閉鎖に伴う人員を受け入れることで採用を拡大することになるようだ。ANAのように大きくリストラがすすむ航空業界では異例の採用拡大。
ーー
ジップエアは、JALが50%出資する国内線LCC「ジェットスター・ジャパン」で解雇される恐れのあったパイロットや客室乗務員の採用活動を進める
同業界で人材採用を縮小する中で採用拡大することで、強いメッセージも出せますし、優秀な人材を獲得できる可能性もあるでしょう。

経営判断において、逆張りを思考することはチャンスを生み出すことに繋がりますので、リスクも踏まえて逆に動くことを検討するのは大切ですね。
経営に権謀術数は不要。利他の心で世の中に尽くす気持ちを末端まで浸透させることが第一と言いう稲盛イズムを踏襲するJALがこのような大胆な施策に打って出る事に衝撃を受けた。でも、よく考えると筋は通っているとも言える。
スゴイ
株式会社オリエンタルランド(英語: Oriental Land Co., Ltd.、略称: OLC)は、千葉県浦安市に本社を置く持株会社。米国のウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約により、東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)を中心とする東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する各企業を統括している。 ウィキペディア
時価総額
6.52 兆円

業績

時価総額
8,723 億円

業績