新着Pick
460Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三井物産のマレーシア企業IHHヘルスケア(SPEEDA病院経営カテゴリで上場企業のうちで時価総額世界3~4位をキープ)に対する投資事業についてはこちらのオリジナル記事で取り上げたことがあります。少々前の記事ですので数字などはアップデートが必要ですが、過去の経緯などの理解にはまだお使い頂けると思います。また、SPEEDAご契約の方は私が執筆したトレンド「医療ツーリズム」というレポートでもIHHについては取り上げていますのでご参照下さい。

「三井物産も出資するマレーシア生まれの巨大病院ビジネス」
https://newspicks.com/news/1405036/

IHHという企業は、資源系以外かつ、本来先進国が強いはずのサービス分野で新興国企業として多国籍化した事例として非常に面白いです。

この点は、アジア経済研究所から共著で出版した「ポストマハティール時代ののマレーシア」という書籍の第8章に収録されている私の論文ではその視点から分析をしています(直接投資論や多国籍業論のフレームワークの応用に苦労して厳しい査読コメントをどうにかクリアした論文ですが笑)。これから、新興国企業の多国籍は一段と進むと思われ、日本企業もどのように組んでいくかスピーディーに動いていく必要があると考えられます。

中村 正志、熊谷 聡 編「ポスト・マハティール時代のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――」
https://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Books/Sousho/634.html

私の論文はこちら。おそらく、IHHの多国展開について学術的に分析した日本語・英語・マレー語を通じて初めての論文と思います。
「第Ⅱ部 経済篇 第8章 マレーシア企業の多国籍化 -- 途上国のサービス産業の海外展開」
https://ir.ide.go.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=50295&item_no=1&page_id=39&block_id=158
もう「商社=貿易」ではないことは頭ではわかっているのですが、こういう事例はそのことを如実に分らせてくれます。「商社=大型資本と優秀な人材を抱えたベンチャー」ぐらいな感じに捉えるべき何でしょうね。このような動きというのは全体の中ではまだマイナー(辺境)だとは思うのですが、革新は辺境から起きる。
この連載について

業績

三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
3.97 兆円

業績

関連記事一覧
「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島
毎日新聞
154Picks

新型コロナ危機がヘルスケア産業にもたらす機会 マッキンゼーからの緊急提言、コロナ危機に立ち向かう経営戦略[第5回]
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
100Picks

全国のデイサービス事業所 90%余 新型コロナが経営悪化
NHKニュース
92Picks

タイ航空が経営破綻 業績不振にコロナ禍追い打ち
共同通信
11Picks

「ヘルパーからコロナ感染」 損賠訴訟で遺族と介護事業所運営会社が和解 広島
毎日新聞
8Picks

【みんな電力】みんなで良い発電所を増やそう!三井物産と協業し、太陽光発電所価値を向上する独自のリパワリング事業を開始
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
7Picks

戦後最大の危機「コロナショック」でも、 絶対に会社をつぶさない3つの原理原則 - 門外不出の経営ノート
Diamond Online
6Picks

新型コロナワクチンは1年有効か=アストラゼネカCEO
Reuters
5Picks

JVCケンウッド、最終益7割減…OEM事業不振や新型コロナウイルスが影響 2020年3月期決算
レスポンス
4Picks

ブリヂストン 石橋CEO、「コロナを機に事業再編、生産拠点の再編を進めていく」
レスポンス
3Picks