新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
元はIntelとMicronが共同でやっていたIM Flashからの文脈があるのと、米中貿易摩擦の関わりが気になる。

まず文脈について。
IM Flashは、通常のNAND(3DNAND)に加えて、3D Xpointという高速なものをやっていた。商品名としてはIntelがOptane、MicronがQuantX、HPなどでOptane搭載ノートあるので見たことがある人もいるのでは。
ただ、2019年から合弁や共同開発を解消、合弁工場はMicronが15億ドルで買い取った。ここらへんの経緯は①・②・③を併せてご参照いただきたいが、Intelとしては汎用ではなくサーバー用の高速領域(Xpoint)に注力したかった。

本記事を見ると、Xpointは引き続きやる模様で、Intelが単独で大連に持っていた3DNANDのファブの売却(単独だったのでMicron買取が発生しなかったのだろう)。
Intelとしてはできる限り高値でエグジットできれば嬉しい領域。そのなかで大連という場所、これまでMicronとやっていたなかでSK Hynixへの売却、そして半導体は米中貿易摩擦で最もホットな領域。その観点で、色々あるか。例えば、韓国勢のシェアを上げることによって中国へのけん制を強めるバーターという米政府主導ディールか、もしくは高値で売りたいIntel主導ディールとすれば米政府としては自国企業よりグリップが弱くなるわけで反対してくるか。
最近ここらへんは何でもありの領域なので、根拠はないがこういう連想・妄想までしてしまう領域…

https://newspicks.com/news/2739569
https://newspicks.com/news/2767246
https://newspicks.com/news/3395759
そもそもNAND型フラッシュをIntelが作っていたということを知らない人も多そう。

NAND型はnMOSトランジスタを直列にし、隣り合うトランジスタのソースとドレインを共通化することができるので高集積化に向いています。その代わり、速度は幾分犠牲に。

NAND型フラッシュメモリ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA
これで、キオクシヤがどうなるか
垂直統合モデルから設計へのシフト、アセットライト化を志向するインテルがノンコアに近い事業を手放す案件と理解しました。で、代わり金をどう使うのかな。
米インテルが韓国の半導体大手「SKハイニックス」にNANDメモリーチップ事業を約100億ドルで売却する準備を進めているという報道。WSJからも同じタイミングで記事が出ていました。
Intel Nears Deal to Sell NAND Memory Unit to SK Hynix(WSJ)
https://www.wsj.com/articles/intel-nears-deal-to-sell-nand-memory-unit-to-sk-hynix-11603129781?mod=hp_lead_pos2
インテルは常に長期の事業ポートフォリオを考えている会社で、ノンコアとして切り出したのだと思います。昨今はバーティカルの強化、テクノロジーイネーブラーとして、AIや5Gといった新たなテクノロジーの視点からソリューションを強化していると思います。
クロスポイントは自社で持つのか。
そこは虎の子なのかな。

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
27.6 兆円

業績