新着Pick
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一見すると物凄い大きな金額(2兆円)に見えるが、2つの観点でこの規模感の意味を冷静に見定める必要がある。

1)上場株の投資ファンドという観点では、ブラックロック800兆円、バークシャー50兆円など規模の観点で最大ではない。一方、分散投資を行うファンドであれば数千円のファンドはごろごろ存在し、それよりも大きい

2)ビジョンファンドは10兆円であり、相対的には未上場株式投資で実施した規模感に比較すると小さい

両方の市場に投資をするメリットは分散投資という意味でも、業界動向の知見を得る意味でも大きい。最終的にスケールさせるのが上場株投資にならざるを得ない気はするものの、まずはビジョンファンドのスケール対比で意味のあるサイズからスタートするという意図であろう。

今後、上場株投資としてどのようなストラテジーを取るのか注目したい。ストラテジーによってはこの規模がより意味のあるものになってくるだろう。

郡戦略のための1ツールとみなすのであれば、単純なベンチマーク対比の分散投資ではなく、集中投資の戦略を取ることになろう。上場してしまったポテンシャルの高い企業に対して、資本の論理をつかってグループ化するための財務戦略の一環として考えると自然に思える。
AUM(運用総額)的には1-2割いくかいかないか、ただ一度始めたら、そして成功すればするほど増えるでしょう。まあ米国大手VCでも一部上場株組み入れるファンドもあれば、SPAC専門屋になったソーシャル・キャピタルなどもある。
ともかく傍から言うは易しで、地上最大ファンドのマネージャーともなればなりふり構わずパフォーマンスを叩き出さねばならず、そのためにはロットがはけて、いま最もパフォーマンスが良いこのアセットクラスに手を出さざるを得ないのは当然と言えば当然ではある。
まとまった金額のファンドを運用しようとすれば、アベイラビリティー(どれだけまとまった金額の投資ができるか?)は重要な視点になる。どんなに良い投資でも小さすぎては「事業」として成り立たない。その意味で上場株を視野に投資を拡大するのは今の局面ではむしろ当然のこと、といえるかも知れない。
ソフバンクG、新設上場株投資部門で200億ドル超投資へ。当初の報道よりかなり規模が拡大している。けど、上場株投資だと、ソフトバンクでなきゃいけない強みが殆どない。後、群戦略もクソもなくなる。なんか迷走感が…
ビジョンファンド登場時と比べ、現在は皆様ご指摘のように、もっと図体のでかいPEがバンバン未上場株に資金を入れるようになり、ソフバンが「買い負ける」場面もあるのかもしれません。巨大なお金が数少ない有望ベンチャーを追いかけるという、ベンチャー界のバランスが崩れた状態となっています。

まとまったお金を動かすには、ベンチャー投資ではサイズが足りませんが、2兆円ではPEとしては小型。だんだん増やしていけるよう、頑張りましょう。
コングロマリットディスカウントが拡大するだけだと思うけど。上場株は我々自身で投資出来るんでね。SBGにやってもらう必要はないんです。ビジョンファンドのベンチャー投資はなかなか我々だけでは入れないもの(入りたくない?)ものもあったんで意味があったけど。
ますますバークシャーのようになってきた。こうなると保険会社を手に入れたくなるんだろうな。
規模が大きくなると上場株しか選択肢なくなってきます。バフェット率いるバークシャーハサウェイも同様です。
大規模なユニコーン投資をしてもExitできないケースが増えて、上場株投資を強化して収益を積み重ねていくほうが、トータルでのリターンは出せるという判断になったのだろう。現実的な考え方をシフトした。
ソフトバンクグループは新設の上場株投資部門で200億ドル(約2兆1100億円)超の投資を目指しているというBloombergの報道
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
21.0 兆円

業績