新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このCFO(最高未来責任者)登用でも感じられる通り、そして「2021年中までにプラスチック使用量を50%削減」という具体的で観測可能且つ野心的な目標にも表現される通り、ユーグレナはサステナビリティに本気ですし、新しいことを次々と導入しています。同社でしたらCFOを未来を生きる当事者代表として象徴的に扱うだけに留まらず、意見を反映し実績を出していけると信じますし、そうあって欲しいと思います。

今回いいなと思ったのが、一部EC商品でストローの有無が選択可能となること。ストローがなくても飲めるような構造の容器だとしても、日本ではまだ「脱プラはこちらとしても行いたいが、一部の人がストローを欲しているのでストローは無くせない」ということで、ストローをの廃止に踏み切れない事業者が多いです。全部ストローを付けるか、全廃するかを選ぶのではなく、一部ストローを付けない(または希望者のみつける)形で試したうえで、段階的に脱プラ寄りにシフトしていくのは、日本にマッチしたやり方だと感じています。
一方で、生産段階でストローを付けるものと付けないものに分けるだけでも管理が複雑化します。「知の共有」を目指すといいますが、脱プラに至るまでのこのような課題をどのように工夫して乗り越えられたのかというようなことを、業界全体で共有されるような仕組みができるとよいと思います。

なお、ペットボトルを廃止して紙容器にシフトしても、どうしても紙容器の内部コーティングの樹脂は必要となります。これを安全性を検証しつつユーグレナ・プラスチックに置き換えるなどすると、よりプラスチック含有量が減らせるかもしれません。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000121.000036462.html
ユーグレナのCFOが15歳の川崎レナさんに決まりました!話す姿に底知れないパワーを感じる方だなと既に尊敬しています。
目先のアクションも重要だが、10代の(いい意味で)世間の常識からは連れた発想力が一番貴重だと思います。
ユーグレナ 自体が使命感で将来に向けて作った会社なので、CFO(FはFuture)には、あまりこじんまりとせず、「私はこんな未来に住みたい」あたりから是非初めてほしい。
15歳からCFO。継続できれば、25歳でCFO歴10年。
Futureを10年考え続けたら、25歳でどんな景色が見えるのでしょうか。
株式会社ユーグレナ (英語: euglena Co.,Ltd.) は、東京都港区に本社を置くバイオベンチャー。藻の一種であるミドリムシ(学名:ユーグレナ)を中心とした微細藻類に関する研究開発及び生産管理、品質管理、販売等を展開している。 ウィキペディア
時価総額
787 億円

業績