新着Pick
156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にも記載があるように以下のようなPOINTが重要だとするとちょうどLGBTの認知も広がってきて適切なタイミングで適切な広告コミュニケーションを実施しているのだなと思いました。

反響あるキャンペーンの3つのPOINT

1. 時代のうねりを読んでいる
2. 企業活動とメッセージの一貫性
3. インクルーシブなプランニングプロセス

-------
電通の調査によると、「LGBT」という言葉の浸透率は、2018年調査では68.5%となり、2015年調査の37.6%から30.9ポイントも上がっています。2012年、2015年の調査の当時は「LGBT」という言葉を知っている人自体が少ない時代でしたが、LGBTという言葉は近年急速に浸透しつつあることが分かります。
世の中に反響がある理由3つ

1. 時代のうねりを読んでいる
2. 企業活動とメッセージの一貫性
3. インクルーシブなプランニングプロセス

「あたりまえのことを、あたりまえに言える時代へ。」
このタグラインもいいですね。

うねりをよんだキャンペーンなどしたいです。
勝てば官軍。時流に乗るとはこういう事。
でも、その後の衰退した時の負の揺り戻しの時に
このメディアはなんと叩くのだろうか。。
Netflixの歴代の広告の話かと思ったら直近の一広告の話でしたが、おもしろく拝見しました。

「#あたりまえのことをあたりまえに言える時代へ」というコピーが、関係ない話題でもハッシュタグとして使われたのが印象的。世の中の関心が高まっている話題について、ネット上で使いたくなる言葉と共に打ち出すのは、今どきの広告という感じがします。

エンタメや広告は、一方的に受け取ってもらうよりも、「使ってください」「遊んでください」というスタンスの方が、広がるようになっていますね。
タイムリーな広告ではありますが、反響がどのくらいあったのか?なんとも言えないような。
タイムリーな寄稿。 #LGBTQ
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
24.2 兆円

業績