新着Pick
1516Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごく面白い話。確かにみんな似てきているのは、良くも悪くもその通りと気づかされました。「編集的」の中に含まれるのかもしれませんが、個人的には、自分の「気持ち」を考える時間が大切かなと思っています。自分の感性・クリエイティビティを磨くというのは、目的に対する合理性よりも今自分が本当に何を感じているかを掘り下げ、その気持ちに正直であること、そしてそこに個性が生まれ、共感につながるのではと思います。
SNSによる中心化が進むという話はとてもわかりやすい。その中で、独自性やクリエイティビティを担保・開花させていくためには、より編集的な自由時間が大切になってくる。
私は、その代表格は「旅」かなと思います。
その旅も、「SNSに挙がっている映える場所に行く」のではなく、自然、歴史、異文化との対話を重んじた「旅」で、原点回帰や未来発想を意識させてくれる「旅」。
たまに、「読書」によって、そんな「旅」と通じる感覚を得ることもあります。

中心化や同質化・均質化には一定の注意が必要で、尖って異質なことを意識した取り組みや、それを受容できる環境ってとても大事だと感じる記事です。
SNSで活動を出すことによって同業者に与えるプレッシャーは大きいので、自分は同業のSNSを見ないようにしています。相手に壊されるよりも自爆が多いので、如何に自爆をしないかの意味でSNSとの付き合いを考えています。

時間割を見直すのは自分の今の課題でもあって、時間割を見直すことで「編集的な時間」を多く取れるようになると考えていました。
『このまま黙ってスマホ頼りの生活を続けていくと、あなたの人生自体が、無限に他の人と似通ってきますよ、ということ。』

同調圧力を嫌と感じず、それで良いと考えている人が多いんだろうな。幸せを相対的にしか感じられないと人生の選択肢が狭まって気づいたら息苦しくて窮屈な人生になってしまうけれど。
「周りと同じ」も「周りとは違う」も、他人を基準にしている点で同種ですよね。

こだわりのない物事は、時間をかけず周りが選んでいるものを、一方、自分にとって大切な物事は、周りを参考にしつつ、自分で熟考して選ぶということが大事だと思っています。
時間に流されず、立ち止まって考える時間が必要ですね。ボクは寝る前の11時から12時までの1時間を自分時間にしています。
とても共感。人と違う自分を肯定する勇気が問われているように感じます。一方で、ひたすらに跳ね返りになって一匹オオカミ化しようというのも限度があるので、他者との関わりの中に自分独自の喜びを見出す力、みたいなことが幸せを分けるなあと。
溢れる情報から距離を置くため、スマホデトックス・SNSデトックスは必要だな、と思いつつ、今もこうしてNewsPicksを見て投稿してるという。。。
なるほど。よく昔と今のマーケティングを比較しますが、一般論としては、
昭和→テレビや新聞を通じたマスリーチ
令和→多様化、ターゲットではなくペルソナ、デジタル
ですので、そう思っていたけど、言われてみれば生活者は同調圧力によって中心化しているのかもしれない
狂気を育てるという表現が面白いです。同調圧力を排除して自分に素直な尖った部分を大切にするということだと理解しました。
"成功しなくてもいいから、叱られてもいいから、恥をかいてもいいから、自分の時間の1割を「バカげたこと」に投じる。

それがあなたの内にある健全な「狂気」を育てることになるのです。"
この連載について
教育・教養の話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート