新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
結局、生活する都市としての魅力が高まらないと、人材が集まらず、競争力のある国際金融都市にできないと言っているわけですけど、それは金融産業に限らず、どんな産業の国際拠点都市を作るにしたって、必ず言えることでしょうし、金融業界にスポットを当てて考えるのは意味がなく、候補都市の中から一つを絞り込むには、もっと金融という産業ならではの必要条件を考えるべきだと思います。具体的に何かと言われると困るのですけどね。
人気 Picker
福岡は何らかのカテゴリでとがらねば無理だろうから、何らかの特区での規制緩和などとどのように組み合わせて福岡でなくてはならない理由を作れるか。
日本を国際金融ハブにするという構想を政府は20年以上様々な形で試みました。残念ながらその間外資金融機関はアジアの本部機能を東京から香港やシンガポールに移しています。高い税率や規制など、問題点は何度も指摘されており、何をやらなければならないかは明白です。地方自治体では解決できない障壁なので、ここは菅政権がどこまで真剣に迅速に動くが重要。香港から富裕層はすでに海外に出始めています。日本には時間がありません。
企業が持続的に成長できる環境と雇用創出力にウェイトを置いたIMDの国際競争力ランキングで世界34位、ビジネス環境を評価する世界銀行のランキングで世界29位まで落ちた我が国の企業立地環境の改善に「高い壁」があるのは何をやるにしても同じでしょう、たぶん。でも、それを避けて否定的に見ていては何も始まらない。折角のチャンスですから、頑張って改善して欲しいなぁ (^.^)/~~~フレ!
税制思いっきり変えたら、そこに登記はきます。
お金はそれから集まりますし、ハードはその後でもいい。
住んでる人が貧しいわけではないが、桁の違う金持ちをみたことがない人たちは受け入れられるのか?格差を感じる街にはなるでしょ。それに既存住民がYESと言えるのか?
それだけかと思います。
文中のコメントにもある通り、魅力的ある市場に育てば海外から人も集まるでしょう。が、まずは、人に集まってもらう呼び水が必要。

これまで20年もそれが叶わなかったのは、やはり税制が大きいも思います。加えて、子女の教育環境や、住み心地の良い街づくりなど広い整備が必要。

研究分野でそれを試みている一例として、沖縄の「OIST」があります。大規模な研究者の都市を構築し、世界の先端科学者を集めた結果、今や東大京大を上回る研究業績です。様々な課題はあるものの、一つの壮大な試みとして興味深いと思います。
もう少し若々しい雰囲気が欲しいところです…💦💦💦
先日のこちらの記事にの名前が挙がっていた福岡市。地方ではどういう受けとなのか少し伝わってきます。

「国際金融都市構想」実現へ 首相、3都市競わせる(日本経済新聞、10月12日)
https://newspicks.com/news/5296401
国際金融都市になるために必要なのは「税制、税制、税制」これだけ!それ以外は些細なこと
国際金融都市と言えばシンガポールと香港だが

シンガポールの法人税は 17%
香港は 16.5%

日本は 30% なので先ず法人税をシンガポール・香港並みに下げる必要がある