新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日は、雨の中、警察側も警備を増強していたにもかかわらず、デモの規模は拡大しました。鉄道も停止されましたが、ネットで連携をとり、迅速に集合地点を変えて数千人が集まり、終了予定時間には整然と撤収しています。タイ(といってもバンコクですが)の市民社会の成熟をうかがわせます。
 デモ側の要求は、「王制改革と首相の退任」です。整然と動いているとはいえ、指導者も組織もそれほど明確にはいないので、それ以上の具体的な要求をまとめることもできません。
 首相のプラユット陸軍大将は、実質、軍の代表なので、軍による統治の終了を求める、ということでもあります。タイは、軍と警察、特に軍が肥大化し過ぎました。1500人以上の将軍(自衛隊は60人)をはじめとするポストを配分されて、予算を取るだけではなく、天下りを含めてタイ経済のいたるところで利権を得ています。
 今のところ、プラユット首相に譲歩する姿勢は見られません。軍の利権を手放せないだけではなく、譲歩すれば国王にまで追及がおよぶかもしれません。
 国王は、妥協しようとする気は全くないでしょう。
 そもそも、妥協するにしても、軍の代わりに政権につく手ごろな野党がありません。国王や軍と対立している亡命しているタクシン元首相を赦すわけにもいきません。
 デモのリーダーたちは非常に若く、タイ社会の成熟を示していますが、政治経験はありません。
 落としどころも、落としどころをつけられる仲介者も見当たりません。当面、大規模なデモが続き、道路の封鎖や鉄道の停止も繰り返されるかもしれません。その結果、収束するとも限らず、軍が少なくない人命の犠牲を出して、事態を収拾しようとする可能性も少なからずあります。
不敬罪という王室に対して厳しい言論規制があるにも関わらず、王室への不満も散見される点がこれまでとは異なる動きです。