新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この求人増加は、明らかに飲食業から流れてきた影響ですね。一過性の要因なので、根本的なマクロでの人員確保の難しさが解決したわけではないかと思います。
アルバイトという雇用形態は、よくもわるくも流動的になりやすく、コロナで影響を受けやすいと思います。

そんな中で、飲食店やコロナで影響が大きい企業はアルバイトを雇用できない状態になり、働きたくても働けない。働くなら近場のコンビニでみたいなニーズがあることが要因なんでしょう。
足元で採用を出すと、数ヶ月前まで人手不足であんなに大変だったのが遠い昔に感じる程の応募数に驚きます。地方よりも影響の大きかった都心部や繁華街がより顕著です。
新型コロナウィルス禍による一時的な現象なので、これを当てにしてしまうと、戦略を見誤ります。

仕事があるので、人は集まりますが、売上げが上がる訳でないので、下手をすれば収益は悪化するかもしれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
外食産業の休業要請による人材の流入、給与削減による副業、家庭収入維持のための専業主婦のパートの増加等が要因と考えられます。

一時的には需要は増加してるものの、レジ業務のICTによるセルフ化、無人化はこれから急速に進むでしょう。

小売業も事業のあり方の転換期を迎えてると思います。
最近、飲食業界(居酒屋)でも年末の繁忙期に向けて人員の確保が進んでいます。

アルバイトの求人を出すと、例年の数倍の応募が来るので
より多くの人を採用している印象。

バイトの人数が増えても、店舗を回すのに必要な人員が増える訳でわありません。

シフトの希望が通らず、すぐに辞める人も多いのでは。
なぜコンビニに応募が急増しているのかについては声オナの影響がかなり大きいみたいだ。その中でも少し前までは問題になっていた24時間営業であることがプラスになっている点が興味深い。
長期間働いてもらえる環境作りが大切。
「棚からぼた餅」とはこういう時に使うのか。