新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営組織に、哲学が用いられることに共感する。

経営組織の持続可能性を確立するためには、1.「根元的な議論」=「我々は、何もので、何をする存在なのか?」(哲学)、2.「現場現実に身を置く」=「現実を知り、なすべきことを信念とする」3.「異質なものとの遭遇」=「時代変化を知り、自らの組織を客観視する」の三つのことを、組織運営に内包し実践しなければならないと、私は考えてきた。

成長による時代は、無いものを供給すれば、また、他と同じことをやってもビジネスとなったが、これからの経営は、社会から必要とされる存在として、いかに生きる(経営)か?の哲学が求められる。

人も組織も、同じだ。