新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは猛烈に感じます。オプトは初期の頃ヤフーの専属代理店と揶揄されたがその分ヤフーに関しては誰よりも知っている自負がありました。ヤフーとの交渉において意識していたのは「井上さんの優先順位は何か」当たり前ですが、優先順位を下げられたら何も進まない。それは社員と同じように外部のパートナーであった私たちも意識していましたね
"まず主目的の骨格を作り、補集合に関しては優先順位を下げて考えていたフシがある"
ヤフーの井上さんについての記事。多くのネット企業があり、また米Yahoo含めて多くが敗れた中で、なぜヤフーは日本でこれほどに勝ち残れたのか。
記事で曽根氏が語られているように経営者として偉大だったと思う(モバイルシフト以外は、ただそこも引き際がとても美しかった)。
近年はアジャイルだったり、またコンテンツ価値などの評価もいろいろ進んでいるが、記事に書かれている普遍的な点について早くから気づかれて実践して、またそれを言葉含めて組織に浸透されていたからヤフーの強さがあったのだろうと記事を読みながら思った。
井上さんが亡くなられてもう3年も経つのですか…
生きていらしたら、デジタル庁の立上げに参画して貰いたかったです。
株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、日本の大手総合出版社である。 ウィキペディア
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
3.38 兆円

業績