新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
皆さん、KAVALANという台湾ウイスキーをご存知でしょうか。ウイスキーの熟成は寒いところでないと駄目という概念を打ち壊し、逆に高温で熟成を早く進むことを生かした作り方を採用しています。様々なコンテストで賞を受賞しています。不勉強ながら、台湾に出張に行ったときに友人のお宅で振る舞ってもらって初めて知りました。その作り方や考え方を煮詰めるとこの記事のような科学的なアプローチになるのかしら、と思いました。

イーランという台湾東側のあまり観光的には有名でない(失礼!)場所に蒸留所があります。運営会社のキングカーは缶コーヒーなどで成功している会社。

カバラン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3

金車 (台湾)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E8%BB%8A_(%E5%8F%B0%E6%B9%BE)

世界を魅了するウイスキー「カバラン」(KAVALAN)って何?
https://www.ienomistyle.com/trend/20181106-1864
これ系のやつですかね。

24時間でウイスキーを3年熟成させる「Whiskey Elements」を実際に使って飲み比べてみた
https://gigazine.net/news/20150123-whiskey-elements-review/

棒を一本入れるだけ!それだけでお酒を「樽熟成」できるんです! https://www.goodspress.jp/news/219284/

確かに組成が同じなら味香りは同じになっちゃいますね。
本物と偽物があるとして、鑑定士が出てきたりして。ロマンに幾ら払えるか。

サファイア・ルビーは人工で簡単に作れるし、ダイアモンドもかなりの大きさのものまで人工で作れるように。人間が感じる価値って不思議なものです。

【化学】ウイスキーを水で希釈すると味わいが増す仕組み
https://newspicks.com/news/2439139/
これはスゴイ技術ですね。現時点の味の評価は少し厳しいようですが、この技術が進めば数十年熟成のウイスキーの味が安く手頃に飲めることになるかも。ただ、数十年熟成するというストーリーや計算できない予測不能な品質変化などにも情緒的価値はあるので、その良さは大事にしたいですね。

お酒の業界にもこういうイノベーションが起きて新しい時代が来ることはとても良いこと。どんどんこういう起業家が増えてほしい。
アパレルの高級ブランドも同じ。
ユニクロもヴィトンも同じ素材で同じ服を作ることはできるが、
戦略の違いからそれはしないし、同じものを作ったとしてもディテールの些細な違いや、デザイナーの違い、製造背景の違い、それを踏まえたブランド力で、100倍もの値差が付く。
人間の欲望がどこにあるのか、味や形が同じであれば良いわけではない。
数年、十数年を数日に縮められるとしたら、画期的な技術です。ウイスキーである以上問題は「香り」です。香りを分析するシステムを高度化して細かなチューニングできるようになると、マニア向けの高級品は別として、ハイボールで飲むくらいのウイスキーは安い焼酎並みの値段でできるのではないでしょうか。ウイスキーの大消費国であるインド辺りで大もうけできるかも知れない。

>山崎俊彦さん

台湾のKAVALANは10年位前に知り、何本か飲みましたが、新興蒸留所で暖かい気候の場所にあるのに画期的に美味しい。暖かいことが熟成を早めているとは知りませんでした。しかし、値段が既に高くなってしまっているので、お得感がありませんね。

日本のイチローズモルトなどもそうですが、新しい蒸留所でも人気が出ると急に流通価格が上がってしまう。そして、人気になっても増産には数年(樽と原酒の接触面積の大きい小さな樽を使って熟成を早めても)掛かる。「数日での熟成」はマニアにとっては少々白けた気分になる技術ですが、要は美味いのなら文句はない。技術進歩に大いに期待したいと思います。

もちろん、技術進歩をのんびり待つわけにはいかないので、それなりのお金を払って今あるウイスキーを飲むのが正しい人生戦略のように思います。
味については酷い酷評が載ってるけど、却って飲んでみたくなる。だんだん、良くなっていくのかどうか。
先日、NewsPicksでも特集されていた、EVメーカーのニコラ社と同じ匂いがするけど。


【抜粋】
米ウイスキー情報サイト「ウイスキーウォッシュ(WhiskeyWash.com)」の評論家ジョン・ドーバー(John Dover)氏の評価は、そこそこだ。ビースポークンのバーボンウイスキーについて「第一印象は、さびと防腐剤のにおいだった。入り口としては、とても魅力的とは言えない」と書いている。

「プラスチックの味がして、バナナブレッドの風味を少し感じる。午後のおやつにかじり付いたら、セロハン包装紙を外すのを忘れていたみたいな感じだ」
こういうのは隠しておいて、一位になったときに実は人工でしたーって明かしたほうがニュース性出る