新着Pick
645Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そうせざるを得ないからはじまり、スタンダードになっていく。日本人の転身の仕方の得意なパターンかと思います。

理想論から入ると抵抗され、せざるを得ないから入ると抵抗されない分サクサクすすみ、最短でゴールに近づく。

いまのANAさんはせざるを得ない状況ですが、そもそも兼業副業で人口減少を補いましょう、経済成長を促しましょうから始まった働き方改革。コロナがブースターとして推し進めていく。
「他社で雇用契約OK」だけでなく、起業もOKにしてしまったら良いのではないかと思います(もし既にそうなっていたらすみません)。
キャビンアテンダントの方であれば、ヘアメイクや身だしなみ、接客マナーなどのレッスンや、ワインの嗜み方講座などを提供したら(ソムリエ資格を持っている方も多いので)ニーズがあると思いますよ。

一方で、機長など専門性が極めて高い社員については、現在のスキルを活かした副業は難しいのかもしれませんが...

いずれにせよ、他の航空会社がこれに倣うのも時間の問題でしょうね。
1年前までの優秀な社員の引き留め策としての副業から、ウチではこれ以上払えない代わりに認める副業へ。
実際フランス企業などではストライキをされてもこれ以上払えないから副業を認めるという形がもう長く続いてたそうですので、ある意味こういった副業解禁も成熟国家(低経済成長国家)のグローバルスタンダード(?)なのかもしれません。
大賛成ですが、一社あたりでの就業時間が8時間x5日/週のままでは単なる過労になるからダメなわけで、多様な働き方でも年金や保険といった社会保障や雇用の保障は正社員として遇する、もしくは一切正社員待遇はナシにしてする、という制度が必要かと思います。
給与の減額やボーナスカットをする代償として、副業を大幅に認める。

ある意味当然の措置なのでしょうが、労働需要が激減している時期だけに従業員としては複雑な心境でしょう。

こういうときこそ、(特区でもいいので)大幅に規制緩和をして新しいビジネスを育て、有為な人材が流れる工夫が必要だと思います。
まあそうせざるを得ないよね。一社だけに依存することのリスクですよね
良い流れです。
某メガバンクの週休3~4日制導入も含めて、コロナをきっかけに民間主導での改革が進んで、多様な働き方に対応できる労働市場に近づくことを期待します。
ANA、従業員が勤務以外の時間を活用して、ほかの会社とも雇用契約を結べる、とのこと。これからは柔軟な働き方改革が求められます。雇用確保のために全力を尽くしたいものです。
労務管理の観点がある以上、法整備が進まない限り、二つ以上の会社での雇用契約はかなりハードル高いです。

数年前から大企業はみんな検討してつまずいていること。企業の判断はやればいいだけの話ですが、法整備もですし、人の価値観と世の中の理解の進展がかなりハードル高しです。

ワーケーションに働かせ過ぎ、旅行中に仕事は気が休まらないなどと言っているようではワークしません。

今回、企業にしがみついても何もならないことを国民全体が理解しに行くことになっていってるので、個人を中心としたカルチャーへの一定の理解進捗が求められます。

もう現行の労組はまったくワークしない。残すとしても新たな役割が求められます。
副業オッケーがこう言う形で広がって行くのは、複雑な気持ちだが、一気に加速するだろう。
今までの雇用や会社に対する考え方が多くの変わる今、常にスキルアップをすることが当たり前になる。そして人材の流動化がますます活発となる。
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.30 兆円

業績