新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本マイクロソフトは、昨年週休3日制を試験的に導入し、話題になりましたね。生産性が向上したとのこと。こうしたメリハリのある働き方や、今回のような柔軟な働き方を推進するのは重要なことだと思います。

その一方でアリババのジャック・マー会長は週6日働くべきだと主張しているとか。「996システム(午前9時から午後9時まで週6日働く)」を提唱しているとのこと。なかなか対照的ですね。。。
成果による評価が進んでいる証拠ですね。
ホワイトカラーエグゼンプションすら導入できない日本ではまず無理でしょう。
IT企業はもともと在宅勤務に適しているようですね。

日本でも、IT企業は在宅勤務を取り入れるところが多いようです。

明確に「ジョブ型」を採用していなくとも、IT企業の場合「各人のやるべき仕事」が明確担っているケースが多いので、在宅に向いているのでしょう。

やるべきことを全部やり終えたら、後はフリータイム。
人生が充実しそうです(^o^)
MSはシアトル(Redmond)なのでちょっと文脈が違うかもしれませんが、テック企業が街や雇用を生み出してきたシリコンバレーなどにおいて、在宅勤務が地域社会に与える損失は大きいと思います。

テック企業が設立・拡大すれば、当然ながら周辺にはその衣食住をサポートするサービス企業も出来る。そこでは、比較的給料の高くない労働者が多く雇用される。格差はあれど、雇用を生むことは素晴らしいこと。

在宅勤務が進めば、テック企業の社員が街から消えて、周辺のサービス企業の人達の仕事は無くなる。地域の家賃の高騰を引き起こしてきたかと思えば、今度は在宅勤務により地域の雇用を喪失させる。昨今のテック企業に対する世間の目を考えれば、「企業目線だけの効率化」を理由にして在宅勤務を声高に謳うことは得策ではないのでは、と個人的に思います。
日本もこうした企業を見習うべき。最近、日本の通勤電車もかなり元に戻ってきている。柔軟な働き方は個人のライフスタイルに対する許容度を高め、ワークライフバランスの充実とともに、働く人の多様性をもたらし、イノベーションにも+に働くと思う
結果に対する責任があるから、働き方の自由度のが認められるということも意識しないといけないですね。
「米マイクロソフト(MS)は上司の承認があれば、在宅勤務を永続できるようにする」とのこと。
日本でも今後は脱ハンコが進みそうですし、平時も在宅勤務が可能となる企業や組織は増えそうですね。
この手の話はいろんなところから出てますが、企業文化に合わせて各社柔軟に対応していくのではないでしょうか。従業員と会社の双方にメリットが見出せるのであれば在宅勤務にしない手はないと思います。
米テクノロジー企業大手は皆んな在宅を半永続的に認める方向に。
在宅により通勤がなくなることで時間や心に余裕ができ、仕事に集中できたり家族とより長く向き合えたりといったメリットがありました。
他方、同僚とのコミュニケーション不足やオンとオフの切り替えの難しさも実感しました。
業務の棚卸しを行なったうえで、在宅と出社を組み合わせた働き方が、精神的に安定し効率的な働き方だなと感じます。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
206 兆円

業績