新着Pick
558Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
> Pontaの基盤は、ユーザーデータの集積であると同時に、アクションの土壌にもなるのですね。

Pontaの基盤は、多くの依存性をうんだ「みんなポンタポンタ計画のうた」でしょう。

みんなポンタ計画のうた1
https://youtu.be/vqs6ew711ZI

みんなポンタ計画のうた2
https://youtu.be/Hax3C7xAAjw

みんなポンタ計画のうた3
https://youtu.be/psWYvsn2Gaw

「なんだかちょっと寂しい人も」と歌われると、耳を傾けざるを得ない。「ポンタポンタポンタポンタおーへそをぷーにゅぷにゅ」らなどと前衛的な歌詞が並ぶ。


あ、違いましたか。

Pontaと言えば、

Polarized Neutron Triple-Axis Spectrometer (PONTA) 5G
熱・偏極中性子3軸型分光器
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/neutron/inst/PONTA/Intro.html

その節はお世話になりました。随分と中性子ビームを直接浴びてしまいましたが(笑)
同様のアプローチをとっているプレイヤーは多いものの。ニッチというわけじゃなくてもある程度機能性が明確な商品とかカテゴリーには効きますよね。
それと母体がローソンの購買データと考えると割とエルダーマーケティングに今後はまっていく可能性あると思います。

ここはその通りなんですよね。ゴールではなくスタート。正解ではなく問いとしてのデータ。
一方でそんなきれいな仮説が最初から設定できることは少ないか、できてもパイが小規模過ぎることも多いので、そこのバランス取りながら常に仮説を作っていくのが相当能力が問われる部分とも。

============

例えば、データ分析で顧客を5つに分類できたとしましょう。いざ結果が出たところで「そうだったんだ」「これからどうしよう」で終わっては、意味がありません。データ活用という手段が目的化しているパターンです。
分析の前に「この層の顧客にこういうアプローチをすれば、利益が何%上がる」という仮説を立て、データ分析後に結果に応じて予定していたアクションを起こす、というのが正しい活用の流れでしょう。
アクセンチュアはこういったJV設立含め、コンサル会社の枠を越えて投資意欲は盛ん。
アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
19.4 兆円

業績