新着Pick
479Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
RFIDのことを知りたいなら、まず会いに行くべきといろんな方から言われたのが、今日ご登場いただいたDNPの中野部長です。
歴史や特性、課題などなどRFIDの全てを知っている方といってもいいでしょう。

RFIDは普及すれば、人々の生活を変えるものです。
そのぶん、普及に向けて政府や業界団体、メディアなどをいかにして巻き込んでいけるかと、その舵取りが、技術開発と同じように難しい。
まさに、渦中であるRFIDの打ち手の一つ一つが、興味深いです。
本論ではないところで恐縮だが、『「水と空気以外はなんでも印刷できる」などとうたっている会社ですから、その日が来た時のために、技術開発に取り組んでいました。』という言葉が印象的。
この言葉を調べてみると、Vorkersで大日本印刷がでてくるし、他にも印刷に関わる企業が出てくる。企業の言葉か、業界の言葉かは分からないが、こういう言葉から企業・業界の思想・文化・意義などがものすごく理解できることがある。
例えば大日本印刷は、半導体用のフォトマスクなども手掛ける。それは半導体はつまるところ印刷技術とも捉えられるから(原版がある、回路を形成するところは写真に近いが、写真も印刷の一種とも捉えられる)。塗布型などというのは言葉からして印刷。印刷をするために、様々な素材技術の研究もしたりするだろうし、そうすると持っている基礎技術領域が広くなる。
経営としてその投資対効果はどうなのかといった話はあるが、ただ「なぜその企業・業界は、その研究開発に突き進むのか」というのはこういう言葉が企業・業界内で文化になり、それのもとで動いているから。
COVID-19パンデミックで非接触がキーワードになっています。RFIDがセルフレジや無人店舗などで活躍するチャンスは増えるでしょう。タグの値段と共にそれを商品1点1点につける手間賃が高い。それをカバーできるかがカギです。東レの技術はその手間が不要。ただし、大量ロットが前提。
自動認識技術は今後も発展していく。
認識だけでなく、より多くの情報を発信する技術、
情報が多くなくとも情報にアクセスできる技術として発展していくと思われる。
毎年、取り組む企業や取り組む人は変わるけど、変わらないのは中野さん
データは21世紀の石油と言われるがデータを取得/整備/分析するためのコストが規定値より下がらないとという話が抜けている。音楽チケットなども近い課題感。