新着Pick
246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
至極当然の流れではあると思います。
ただ、高級ブランド(としての戦略をとっているブランド)がこうしたECに出店して「(お金さえ出せば)誰でも買える」平準化されたものになっていくことで、本来の意味でのラグジュアリーが混乱していきます。

現在の、グローバル化・平準化された「ラグジュアリー(ブランド)」、誰でもどこでもいつでも買えるECサイトにおける「ラグジュアリー(カテゴリー)」と、本来もっと人間を豊かにするはずの「ラグジュアリー」との間には明確な一線があると消費者も理解しておきたいところです。
さすがに楽天ロゴはサイト上にないみたいですね(笑)。LVMHが出店するとはすごいですね。破格の条件を提示したのではないでしょうか?
ついに、ECとして最大の難関の一つである高級ブランドに楽天が参入するのですね~。

非常に興味深いです。

高級ブランドは、実際に見て試着して…等々を行うことで売れるものだというのが従来からの定説です。
(ある意味、百貨店の最後の砦のひとつ)

これでECが優位になれば、百貨店の大きな存在意義が失われます。

余談ですが、昨日Netflixを開いたら「エミリー、パリへ行く」という画面が表れたので、試しに観てみました。

驚いたのが、主人公が最初に来ていた服のブランドが「KENZO」だったこと!

Netflixは高田賢三氏が亡くなったことを受けて、急遽この動画をオススメにしたのでしょうか?
Netflixならやりかねないと思いましたが、みなさんいかがでしょう?
カテゴリ別の強化進みますが、そこも楽天経済圏絡むことでの優位性が高単価商材でどう出るかなど楽しみです。
デザインは基本的にRakuten Fashionに準じていて、特別に制作した感じには見えない。
一般的にというか、どこまでの範囲か分からないけど、それだけRakuten Fashionと専用アプリの知名度が低いのかもしれない。


楽天は、去年の「Rakuten Fashion Week TOKYO」で、ファッションECの流通総額を6,000億円規模と発表しています。ZOZOが首位なら、楽天は大きく落ち込んだことになる。
WWDの記事を書いた人は、どれくらいの規模だと推測しているのだろう。集計方法の違いなのでしょうか。

“高級ブランドやデザイナーズブランドを集積した新カテゴリーを設けることで、ファッションECの首位の「ゾゾタウン」を追撃する”

『楽天のファッション関連流通総額は約6000億円でZOZOの約1.5倍――「Rakuten Fashion」発表会で三木谷社長が公表 | 大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ | ネットショップ担当者フォーラム -』
https://netshop.impress.co.jp/node/6824
やはり日本におけるファッションECは、ZOZOと楽天に集約されていくのですね。どちらも昔からのファッション好きには、そんなところで買えるようになったらブランドイメージが崩れる、と嫌がられていた気がしますが、このコロナ禍の影響もありアパレルブランドからしたらそんなこと言ってられないですしね。

ZOZOとブランド間の確執みたいなものも近年話題に挙がっていましたが、楽天の場合は出店料や販売手数料、送料などの体系はどうなっているのでしょうね。そこらへんのビジネスモデルが気になります。
早速サイトを確認しましたが、UI/UXは楽天感がなく洗練されていて良い感じです。
Rakuten Fashionになってから、サイトもかなり洗練されたと言う印象。
ハイブランドもやって見た方がいいですよね。

業績

業績