新着Pick
2133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファストリが、全商品にRFIDをつけるようになってから2年が経とうとしています。
そして今年、日本企業からRFIDの単価を一気に下げる技術開発の発表がありました。

NewsPicksでは、RFIDのこれまでの歩みを整理したいと思い、まとめました。
実は、決して新しい技術ではありません。が、2000年代に入った頃から各国が普及に向けてギアを入れ始めたものです。
世界の情勢に影響を受け、一度、停滞した時期もあったのですが、アパレルを中心に実績を作りながら、単価を下げ、ナレッジをため、広げて行き、現在まで来ています。

新型コロナ感染症が拡大するようになってから、非接触のやりとりが特に求められるようになりました。この辺りも、追い風のはず。今後どのような影響が出て来るのか。10円のチョコレートにもRFIDがつく時代は本当に来るのでしょうか。ご一読いただければ幸いです。
RFID、10円だと厳しいと思っている。記事のグラフを見ても、もうすでに10円を切っていると思う。その観点で、下記の東レのCNT使って直接塗布して2円切りを目指しているのに期待している。
ユニクロがRFIDにできているのは、個別の製品の単価が数百円~数千円だから。スーパーだと数十円単位のものもあり、それらはRFIDにするとコスト比率が高いし、RFIDのものとそうでないものが混在するとオペレーションが煩雑。
バーコードのように、全部をRFIDにする・できることが重要。ユニクロは、自社製品だから全部という意思決定ができるが、一般小売はメーカーが異なるものを売っているからそれができないし、時間がかかる。一方でバーコードが普及していったように、それによって情報化が進む(POSとバーコードは小売で両輪の進化だった)。
RFIDはレジだけでなく在庫管理などの効率が一気に上がる。個人的にはそれが1-2円ラインだと思っている。そして普及していくと、在庫管理をロボットやセンサーでできるようになるから、小売の自動化が一気に進化するし、店舗だけでなく卸の倉庫でも同様。
SSDのように、コストが課題のものは、大体は時間によって解消されて普及する。ただ常に期待先行にもなりがち。SSDも期待はされながら今の段階にくるまで10年以上かかった。
https://newspicks.com/news/5228450
https://newspicks.com/news/4553387
「日本企業が手掛ける」
エレファンテックさんが出てくるのかしら、とちょっと期待。東大・川原先生が研究された銀ナノインクによる印刷できる電子回路。予想が違ったらすみません。

エレファンテック
https://www.elephantech.co.jp/


UHF帯は920MHz付近の周波数、HF帯は13.56MHz付近の周波数を利用しています。HF帯が近距離向けというより干渉・反射が少ないので手に持ったりするものでは有利という理解が良いかと思います。

「10円のチョコにも貼り付けられる」という記述があり、多分チロルチョコのことをさされていると思うのですが、もしそうだとしたらチロルチョコは20円になっています。しかも、その原因はコンビニのPOSです。興味ある方は下記をどうぞ。逆にRFIDの影響でチョコが大きくなる可能性も。

コンビニのチロルチョコの価格が「20円」の理由
https://makitani.com/2010/02/tirol_chocolate.html


RFID、めっちゃ便利です。ユニクロのお会計は一瞬で終わります。人の役目は不正や取りこぼしがないか確認するだけ。逆にそこは人なのね。。。と思ってしまいます。AmazonGOなどがやっている完全カメラとどちらが受け入れられるか見ものです。多分両方でしょうね。

個人的にRFIDを今すぐ導入してもらいたいと思っているのは国際線のチェックインバゲージ。ロストバゲージが驚くほど減ること間違いなし。あのために無駄にかかっているコストって年間いくらになることか。
ようやくキャズム期に達したRFID、ここから一気に導入が進むだろう。Decathronはたまに家族連れで行くがだいぶ前から全面RFID、不便は全く感じない。が、この数年はコスト採算上グローバルで同一製品・同一価格展開する真のグローバル企業のみが導入可能だろう。日本ではユニクロ以外に多くない。
逆に言えば益々グローバル企業とその他との差がつく要因となる。それはコンピュータビジョン、レジレスその他多くのテクノロジー導入においても同様である。
DXは格差を助長する面は否めない。一方で同時に貧困や病いや教育アクセスを解決もする。極論に走らず食らい付いて取り組まねばならない。
まだ耳慣れない(私だけかもしれませんが)RFIDのことがわかりやすくまとめられています。ここまで急速に進んでいるのか。非接触、リモートでの商品管理には非常に有効らしいということが理解できます。
RFIDによって在庫管理が格段に便利になります。これまで毎月の店頭在庫(実棚)の確認には、時間と労力がかかっていました。1点1点、商品のバーコードを読んで、チェックしていたのです。それがRFIDになれば、店頭でスキャナをクリッとかざすだけで、一気に在庫がわかる。

レジの生産性も大幅アップ。ユニクロでは、セルフレジにカゴを置くだけで、すぐに合計金額が表示されます。支払いを済ませチェックアウトするだけ。

問題点はRFIDのつけまちがい。最終的に人間の作業が入るとまちがいが起こります。すべて機械でできればいいのですが。中国の無人店舗、無人コンビニRFIDを採用しているところは、この問題を指摘しています。

Amazon Goのように画像認識で商品を管理しているところはRFID不要。多品種少量の場合は、画像認識に軍配が上がるように思いますが・・・。
製造小売であり、少ない品数で大ロットを販売するユニクロにとっては、在庫管理は命。そういう意味でも、RFIDは明確に投資すべきということなのでしょう。

ECでいえば商品データはとても重要な要素ですし、商品かごや決済(リアル店舗でいえばカートやレジ cf. Amazon Go)だけでなく、その裏側のマスタデータもRFIDによって整備され在庫のスマート管理できるようになると、生産工程も含めて本当の意味での小売業のDX化が進んでいきそうですね。
ユニクロのようなジャイアント企業がRFIDの導入に踏み切ることでコストが劇的に下がるのでそれに続く企業を期待したい。いずれRFID単価が1円以下になるともっとモノのIOT化が進み、企業の管理コスト削減と利用者の利便性が上がることは間違いない。RFIDの可能性にはとてもワクワクします
アパレルは商品単価が数千円と高いので、10円のRFIDタグをつけてもコスト影響は単価の1%以下。むしろ在庫管理の精緻化とか無人レジ化によるコスト削減効果がRFIDのコストを上回るので普及しやすい。

コンビニは単価が200円前後なので、10円のRFIDタグのコストは5%。そもそも利益率が一桁の業界なので、このコストを吸収するだけのメリットを出すのは相当厳しい。記事にも記載ある通り1円くらいまでコストが下がるかが普及に向けた分水弁になりそう(、と5年くらい前から言われているが、まだまだ時間はかかりそう)。
しかし、まだコストが高すぎますね。
記事で示されているメリット2と3がもう少し進歩すると、コンビニエンスストアなどでの活用に見合うだけのコスト/ベネフィットが生まれると言え、そうすると、普及も更に進みコストも低減化が図れると考えられます。

本論とは少し違いますが、ユニクロはかねてよりサプライチェーンマネジメントを協力に推進してきましたが、あのレジを経験すると、先進性が一層際立つと思います。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
8.92 兆円

業績