新着Pick
756Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先月『現代ビジネス誌』に載ってかなり読まれたこちらの記事があります。
「再上場した「雪国まいたけ」創業者が、カナダで大復活を遂げていた!」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75697?page=5
 このストーリーで一つ重要なのは、創業者の大平氏が経営を委ねていた役員が内部告発をした際に、地元の地方銀行でメインバンクの第四銀行と組んでいた、という話ですね。大平氏から見ると、クー=デタ的なやり方で役員と第四銀行が組んで、最大株主の座を追われた、ということになります。
 もう一つおもしろいのが、『現代ビジネス』誌の記事のメインストーリーである大平氏が雪国まいたけを追われた後、カナダで「ショーグン・マイタケ」ブランドを立ち上げて、年産130トンのマイタケ生産体制を持ち、年産3,000トンへの拡大も間近、という話ですね。
 ちなみに、雪国まいたけ社は、国内3か所のまいたけ工場は、合わせて日産100トンくらいのようです。年産だと3万トンを超えるのでしょう。加えて、中国工場でも年産1万トン以上、そして米国ニューヨーク工場でも年産600トンくらいはあるようです。結果的に、TOBの立役者だった外資ベインキャピタルは、キノコ職人大平氏から雪国まいたけ社を引き剥がし、経営を再建したということになるでしょう。
「雪国まいたけの経営を神明に託したベインキャピタルはやはり優秀だった」
https://maonline.jp/articles/yukigunimaitake?page=2
 余談ですが、キノコ類、特にマイタケが工場生産に適しているということもありますが、新潟県中南越にとっての雪国まいたけ社のように、本当に地域を活性化してくれるほどの企業は、こうやってグローバル展開してくれるところでしょう。今の時代、本当に地域おこしするなら、地域内での生産にしがみつくのは無理があるでしょう。生産拠点はグローバル展開して、元の地域は上流工程にある研究開発の拠点になる、というのが合理的でしょう。
画に描いたような再生ストーリーですが
本来的にはマイタケの人工栽培に成功した大平さんがすごいと思い気になってしらべてみると
こんなアナザーストーリーなんですね。
まさに屈せざる人。
何があっても気力があれば再スタートを切れる。大変勇気をいただきました。

再上場した「雪国まいたけ」創業者が、カナダで大復活を遂げていた!
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75697?imp=0
興味深いストーリー。 単なるお家騒動では済まされない、多くの学びがある。
取材したり数値を細かくみたことはないが、状況的に上場時の数字は「色々意図したもの」だった可能性もあるかも、と思った。
まず90年代までの雪国まいたけの戦略は極めて合理的。一種Amazon的で、規模で先に優れているという点で安くして他社を退けてシェアを上げながらマーケットを作る。時間が経つほど参入はしにくくなる。シェアが育った後の値上げは、顧客離反の可能性はもちろんあるが、それでも圧倒的な相対シェアを稼ぐことは基本中の基本の戦略。
200年代前半は株主資本も有利子負債もそんなに変わらず。売上の伸びもそんなにないなかで利益もあまり伸びていない。ただ持ち分を70%持っていれば、会社が儲からなくても色々自身や親族にお金をもたらす方法はある。
ただ、それまで銀行と良い関係性をおそらく築いていなかったのだろう。そこで2012・2013年の風評被害で大赤字。記事にあるように担保権発動に至っている。逆にBainからすれば、シェアが高いわけで、いったん減損をして(減損はNon-cashだから財務体質が悪化しても貸しはがしや金利が上がりすぎない手筈を整えていればOK)、将来の利益を生める体質を作って、しっかり上場・エグジットしたという狙った通りの形だろう。
創業者の大平氏が現在何をしてるか調べたら、カナダで黒マイタケ(商品名: 将軍マイタケ)を手掛けてるようです。創業した会社を追い出されてもやっぱり舞茸なんだ。下記の記事は泣かせる。

再上場した「雪国まいたけ」創業者が、カナダで大復活を遂げていた!
https://news.yahoo.co.jp/articles/43c936df31fee5a01c58953edc4d1ab1ead94904?page=1
創業者ワンマンでどんと伸びてきた雪国まいたけが一度崩壊して、ベインのTOBを経て、社員を伸ばす組織体制を図り再生と。フェーズにもよると思いますが、中の空気は本当に重要。常にオープンな組織風土をつくることが、中長期的に事業を伸ばすには必要ですね。
創業者と経営者は別の能力がいるというお話。半沢ロスの私としては、ここまで貸し込んだ銀行もなかなか…という感じがします。
シンプルで古典的ですが簡単な話ではないはず。素晴らしい再生ストーリー
再上場はストーリーのゴールではないので、これからのキノコを巡るストーリーがどのように続くかに是非期待したいと思います。
組織変革のお手本ですね。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社雪国まいたけ(ゆきぐにまいたけ、英語: Yukiguni Maitake Co., Ltd. )は、主にマイタケを始めとするきのこの栽培、及びそれらを材料とした加工食品や健康食品を製造・販売する企業である。きのこ以外にはモヤシの栽培や納豆の製造・販売も行っている。元は大平家が采配をしていたが、現在は、アメリカの企業が入っている。 ウィキペディア

業績