新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中途半端に終わる理由は、①変革のイメージなし、②お金なし、③成功事例なしとのことですが、成功事例はこべつのものなので参考にはなるものの、自社にそのまま移植できるものではありません。成功事例の効果は①イメージすることかと。

圧倒的に足りないのは、変革に向けた覚悟を抱くまで自分事化できていないことです。本当に必要なら、経営者は従業員の行動が変わるまで口酸っぱく必要性を説いて実践する姿勢を見せる必要があります。経営者の中途半端な考えは従業員にも伝わります。
②も本気になっていないので、言い訳程度の資金投入に終わり、その結果として浪費となり、次の変革へのトラウマとなります。変革の必要性を十分に理解しないまま飛び付いて痛い目に合い、何も変えられずに30年経っています。
トレンドに追随している気になっているだけ。

DXもオープンイノベーションも、本質的な意味や価値を理解しないで、取り組んでいるという事実があればいいと考える。

自社は、決して時代に取り残されていないと見せたいだけですからね。

本気で取り組み、やり抜く覚悟を持つ人が結果を出し、市場価値を高めることができます。あとで悔しがらないようにしましょう。
DXのチャレンジは、IT部署や1担当の成果の為だけではなく、全社に浸透させるねらいがある、記事にもある様に 難しいチャレンジだと思います。

DXのなんちゃって病を言うなら、他方の極端は、お金だけ膨大にかけて とっ散らかす病。

こうならない為には、真髄を極めるのが大切だと思います。例えばDXと盛り上がる前から、〜生産方式や、〜ウェイの様な デジタル&アナログ論を超えた 更に高いレベルの思想や活動があると思います。これを現代のニーズにぶつけて 成功事例を積みあげ、組織と人がもっと強くなる、この様にして お役所仕事を お客様の笑顔の為の仕事に改善するアプローチが考えられます。(企業によっては 考えられますではなく、時空を超えたトップダウン)

この狙いは、大企業の縦割り分業に根付いた ムダを徹底的にクレンジングする事、恐らく お役所仕事で無感覚になった組織を お客様笑顔までのリードタイムを徹底的に短縮して、感度を高めるのを優先させる事、DXのビジネス側からの改革です。

企業体質改善は、メタボの改善同様に時間が掛かるので、スピード優先の施策と並行させ、現場を盛り上げるなど、記事の通りだと思います。しかし、とっ散らかし病との識別を抜きにして、これらに なんちゃって病と診断するのは、ちょっと乱暴過ぎかと思いました。
5ページも要らん。理由は簡単。構成員が総茹でガエルだからに尽きる。