新着Pick
1181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お話し伺う機会を頂きました!
リモートマイノリティは他のイベントでもお話ししたり、別の方もお話しされていたのでこれから使われる機会は多そうだなと思ってこちらでもキーワードとして入れさせていただきました。

「自分らしく働く」と言ってもそんな簡単にできることではない、とよく相談もいただきますが決めることは大事ですし、それを周りにちゃんと理解してもらう努力をすることも大事だと思っています。そして、一度決めたから貫き通す必要はなく、柔軟に見直しをかけていくことも大事です。

そして「自由と責任」は、小学校から高校までを過ごした桐朋の教えの根底にもあります。主張することや自由を追い求めることはある意味簡単で、その自由の反対にある責任を自分はどう果たすのか、は意外と話されていなかったり上司なども突っ込んで聞いたりしないことも。お互いにとって大事なコミュニケーションを避けずにしていくのは、チームとして働くからこそ必要なことだと思っています。
共感するポイントが多々ある記事でした。”リモートマイノリティ”について、私自身もニューノーマルな時代に、全員が同じ立場でリモートから参加できるミーティングを経験すると、これまで一部だけがリモートであった時のマイノリティが感じる疎外感について非常に共感できるところがあります。
現場だけで盛り上がってしまい、リモートの人の発言が難しい状況を気がつかないうちに作り出してしまっていることが多々あると思いますので、
アフターコロナのフェーズに入り、かつてのように全員がオンサイトに戻ることはなくとも、やはり全員がリモートでない場合にどこかにマジョリティがうまれどこかにマイノリティがうまれてしまう背景をよく理解して、コミュニケーションのファシリティにおける人への配慮をする必要があると感じています。
ワークライフバランスをどう保つかということがよくトピックに上がりますが、バランスというとイメージ的にシーソーのようにどちらかが上、どちらかが下のイメージも考えられるのでワークライフ・インテグレーションという言葉を使ったりしますが、キャリアはいつの時も悩みながら前に進めていくものだなと思います。一人ではなし得なくてもチームメンバーに頼ること、頼る代わりに自分自身でなしえる責任はしっかり果たす、こういった信頼関係を作り上げることが大切だと思います。
興味深い内容。
今置かれている環境は チャレンジとチャンスに味方していると思う。 多くの人に読んでもらいたい。
フワッとした何ともいい話が掲載されていますが、戦略チームって入所するのにハードルが高い(ハイスペック・地頭の良さを求められる)、という印象なんですが・・・。
実際に数人の知り合いが「戦略をやりたい」と中途採用に挑んで落とされました。
いつも独りチーム
自分を信じ、諦めないのみ