新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「NTTドコモの携帯電話料金が引き下げられたとしても、政治的な圧力を受け、NTTがNTTドコモを完全子会社化したことで行われる料金引き下げが、果たして健全な企業間競争の結果と言えるだろうか。」
ここまで大胆なことをしないと引き下げることができなかったとも言えるように思います。銀行の統合もそうですが、非常に大きな力が必要ということの証左なのかなと。
フレッツ光回線とのバンドル割引も出てくるのでしょうか?固定電話が圧倒的ではなくなった事は事実ですが、携帯回線だけでなく、光回線がより存在感を増している訳で、KDDIやソフバンが警戒するのは当然でしょう。

政府としては、電波帯を貸しているのですから、安くしろという権利はあると思いますが、これから5G向けの投資が必要なタイミングで、その勢いが削がれないか、そちらの方が心配ですね。

引用】武田良太総務相はNTTによるNTTドコモの完全子会社化について、「固定電話が圧倒的に多い時代と、ここまで携帯が普及する時代は社会環境が違う」と述べ、通信市場の競争を阻害しないとの認識を示している。
日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
11.1 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績