新着Pick
1335Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載も本も大変興味深く読ませていただきました。「所与性」は学校はもちろんですが、企業でも頻繁に見られます。「変えること=リスク」なので、現状維持が楽、リスクとりたくない、という話で、逆に言うと「ルール」が人を考えなくさせるということだと思います。ニワトリとタマゴなのですが、考えない(たくない)からルールを求める、だから考える力がなくなる、もっとルールがはびこる…これは日本だけではないですが、「おかしい」と声をあげる人が少ないことは確かと思います。日本をもっといい社会、イノベーティブな社会にするにはまずルールを減らす、というか作らないことが重要だと感じました。

ちなみに「混乱の中で必要なのはルールが与える安心感」(犬養道子)も確かと思うので、追加しておきます。
しかし、学校も本当に変わっているのだなと思います。
娘が中学に進学する際に、どうしてもスカートを履きたくない
ということで、入学前から学校と交渉したところ、スカート生地を使ってズボン縫製をすることが認められました。
一昔前なら入学式で目立ちまくって、波乱万丈なスクールウォーズが始まりそうなものですが
そんなこともなくのんびりと2年目の中学生活を送っています。
今年からはもう1人ズボン女子が出てきたそうです。
10年前だったら考えられないようなこともサラッと実現したりする。
諦めずに、でも丁寧に進めることは大事だなと思います。大概の人は善意で右にならえしているので。
たしかに、世の中はこのレポートでいう「所与性」で動いている面があります。これまでこうだったから、これがいいことなのだ、という前例主義が横行している。

銀行の文化はまさにこの前例主義と横並び主義で構成されています。フィンテックはこれを打ち破ろうとするのですが、これがなかなか手強い。

学校教育から変えていかなければならないとすれば、相当時間がかかるなぁ。
所与性、興味深い。一方で、連載1回目でもコメントしたが、少なくともリアルで出てくる同調圧力は減っていると思う。それは所与性に疑問を投げかけることや多様性が出てきて、それは情報流通が増え価値観が多様化していることが背景だと思う。
https://newspicks.com/news/5267903

所与性に疑問を投げかけるにはロジックは必要。ただ所与性は慣れとか感情に起因する部分も多い。ロジックの押しつけ、打ち勝つといった考え方は、個人的にはお互いの押しつけになりやすいと思う。それは一つの同調圧力ではなく、二つの同調圧力が存在し対立する分断状況になりやすい。
それは、上記Pickでコメントしたネットでの同調圧力の増加、そのなかでもフィルターバブル・エコーチェンバーにつながる点だと思う。それがグローバルで起こっていて、分断が深刻化している。
「水を差す」アプローチ。本はまだ読んでいないのですが、「えっ」って思わせておいて、すーっと入り込んで変えていくような感じでしょうか。

大学は学校の一つですが、意外に変えやすいところもあります。まさに「水を差す」ようなアプローチでできるところから入り込んで行ってだんだん変えていく。

「改革を断行します」っていうリーダーは口だけで結局何も変えない「所与性」の権化みたいになり、一方で「私はすぐには何も変えないですよ」って前置きするリーダーに限って小さく「水を差す」アプローチの連発と拡大で、気が付いた時には全部変わっていたみたいなことがありますよね。

「トロイの木馬」的なアプローチだと、後で「騙された」ってなりますが、「水を差す」のは堂々とできるから良いかもしれないって思います。

「企業」は経済合理性で動くから「所与性」を越える説は、一理あると思います。それもリーダー次第かな。

ちょっと関連するかもしれないのが、日本電産のカリスマ経営者、永守重信氏が挑戦する「京都先端科学大学」の改革。大学の「所与性」に大ナタを振るうアプローチで、その先行きにとても興味があるところです。
同調圧力は、いろいろな可能性の芽を潰してしまう。 また同調圧の中にいると心地よく思考停止になってしまう。

「ずっとそうだから、そうなんだよ」という会話がなくなる日を作るために、いろいろな疑問を持つことを抑え込んではいけないと思う。
現在、区立小学校のPTAでオンライン化の取り組みをしているので、学校という組織が前例主義だったり、慣例を続ける性質にあることには異論はないのですが、一方で諸々の決まり、例えば記事であるような制服のリボンの色についてまで、保護者から色々言われて、そこに「論理的な答え」をいちいち求められる先生側もお気の毒と感じます
何らかの「決め事」をしないといけない中で、すべての保護者が納得する論理性など無いのだから、ある程度は「任せる」姿勢がないと、先生の業務が保護者対応ばかりになってしまいます
鴻上さんの相談、SPA!での連載も書籍も大好きです。
同調圧力問題は「コロナ禍」になり、特に感じております。
様々な対策を否定しているわけではありません。しかし、例えば何のためにどうしているのか?という思考をやめない事。対策の為の対策や予防?自粛ではなく、単に周りがそうだから、何か言われたり思われたら不安だからの気持ちが、自分も含め先立っている事への問題。
これにより、より気づかず追いつめられ孤独な人も増えていると思います。

記事では、最も所与性が強い場所は「学校」とあり、「企業」に期待とありますが、この逆を感じることも。私自身が、現在番組制作と新しい仕組み?を生み出すことを求められる部署にいますが、本当に「前例を作ることは難しい」です。おそらく、他業界でも、このままではいけない!と新規事業などの部署を作るが、実際に何か「GO!」を決断するときの、大人社会の難しさはあるはず。
「学校」で同調圧力が良くない意味で培われるかもしれませんが、逆に新しいチャレンジも沢山感じられます。教科書を置く、コロナで促進されたデジタルを利用した授業、宿題の意味の問い、学校以外のコミュニティの大切さを学校がうたっている等。
どこかで、周りを気にする「親の無意識な同調」を打破できれば、絶対にもっとポジティブに変わるはず。
「企業」における、自分、親としての自分。
「声をあげない、存在しない目」に同調せずに、打ち勝たねば。ですね
“僕が「世間」にこだわる大きな理由のひとつは、世間が「所与性」というものを一番大切にしているからです。
所与性とは「続いていることを変化させない。今あることを受け入れる」という原則です。変化すること、切断すること、中止することを「所与性」は極端に嫌います。”

日本からイノベーションが生まれにくい大きな構造的な要因。企業が変わり、学校を変えていくしかない。
「同調圧力」読みました。
世間と社会の関係(日本は世間が強く、社会が弱い)というのは私の経験でも良く分かります。旧来型のサラリーマン社会に30年以上いましたが、まさに「会社=世間」でした。

会社を辞めて色んな方々(特に若い方)と仕事をしていると、日本型の「世間」とグローバルな価値観がせめぎ合っているのが今の時代なんだと感じます。
そして、世間を壊して社会に変わっていくには学校から変えないといけないというのは全く同感です。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。