新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この時も、ずっと3年ルールが続いています。
即ち、営業本部長で3年、日本法人社長で3年、
そしてドイツ本社勤務。
そして、ジャンプの幅はより大きく、
決断はより早く。
毎年恒例の社長交代会見。皆さまも見慣れた、または、聞きなれたニュース化と思います。
大半の新社長の口からは、「青天の霹靂」なる単語が出ます。新社長はある日突然、社長室に呼ばれ、「次の社長は君だ」と言われるのだそうです。その瞬間、青天の霹靂の如くの驚きを覚えたというのです。

そんなわけあってはなりません笑
これは日本の「恥」や「謙虚」の文化でもあるようです。ですが、経営トップは社長就任の数年前、社長候補として目されている時点で、本人が社長になった時を想定し、日々の実務をしていることが重要だということです。そうでなければ、社長就任後に結果を出せないことが多々ある。つまり、その会社の従業員が不幸だと思います。

この点、今回の記事で明らかにされる島田さんが経営者になる前から抱いていたマインドセットは日本のビジネスパーソンにおいて極めて重要だと思います。NewsPicksとしても、こうしたマインドをお持ちの方も取材を増やしていく所存です。
少し前のアカデミックではないパリの国際会議で、ジャック・ウェルチが大嫌いなドイツ人参加者がたくさんいて驚いた記憶があります。考えてみればガバナンス構造も全く違う。この記事を読んで改めて「欧米」なんて、ひとくくりにしてしまう粗雑さに気を付けないといけないと思いました。
監査法人勤務時代、ドイツの事務所(デュッセルドルフ)から日本に出張に来たドイツ人パートナーの人たちとの会食が多かったけど、何度も奢ってもらいました。なので、ドイツ人は気前がいい、とばかり思ってましたが、今日の記事を読んで、

『そうか、飲み代を会社にフルチャージしてたから奢ってくれただけか』

と気付きました。
東芝の最高デジタル責任者で、東芝デジタルソリューションズ社長の島田太郎さんの連載第4回です。
---
ドイツの総合テクノロジー企業シーメンスの要職に就き、将来を嘱望されていたにもかかわらず、経営再建の道半ばにある東芝に移籍した島田太郎氏。

最高デジタル責任者としてデジタルトランスフォーメーション(DX)の旗振り役を担うとともに、東芝デジタルソリューションズの社長に任命された。

「なぜか3年ごとに転機が訪れる」というそのキャリアの軌跡と、これからの全産業に共通の、デジタルで生まれる新しい儲け方に迫る。(全7回)

■第1回 東芝が再び輝く時代がやってくる
■第2回 3年集中して突き抜ける、私のキャリア
■第3回 日産ルノーを舞台とする「赤壁の戦い」に勝利
■第4回 褒めて乗せるアメリカ人、否定して不安がるドイツ人
■第5回 日本の経営者が決断できない理由
■第6回 長時間労働なんかしていたら、もう生き残れない
■第7回 モノを売って儲ける時代は終わった
どこまでいってもウェットな人間関係なんですよね。シリコンバレーで働いていてもそれは日々感じることで。飲みに行かないのであれば、それはそれで親睦を深める方法は色々ある。

私も職場のローカルの仲間たちとヨセミテでハーフドームに挑んだりもしましたが、何年も語り継げるような経験を一緒にすると、やはり一段と結束も生まれるものです。
島田さんのこの連載すごい面白いな。いろんな困難があっても根っこに世界と自分に対する信頼があって、それが島田さんの決断、挑戦を恐れない楽観性とそれが蛮勇にならないモデレートさの両立につながってる気がします。これからの連載がますます楽しみ。
「一つの山の頂上に登ると景色が変わり、もっと高い山が見えてきて、そちらに登ってみたくなる」。この言葉は自分の成長に努力を続けている人にしか言えない、実感のこもったセリフですね。
こういった価値観とやり方もあるという例を拝見しました。

グローバルなキャリアをお持ちでありながら、かなり日本流のベタな路線であることに、ある意味、驚きを感じました。

逆に言えば、結局は、人間と人間のウェットな関係ということは、グローバルに同じだということなのかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
環境をうけいれてこそ、の成長。
自信を持っていらっしゃるからこそのアプローチとおもいます。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績