新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「私の履歴書」を読むと、偶然入った会社やよくわからない異動で大きな成長をした経営者を数多く見ます。「自分の好きなことだけやる」ことは理想ですが、狭い世界に閉じこもることにもなりかねません。経営も人生も「どこまで続けるか、いつ変えるか」は大問題です。勢いがいつもいいとは思いませんが、南さんは外野よりも自分の心の声を聞く力を持っていらっしゃるように見えます。「あの時こうすれば」という後悔もあるのでしょうが、それを前向きの推進力にする力も。
ココナラ会長・南章行氏の連載第7回(最終回)です。
ーーー
スキルシェアサービスの草分けとして圧倒的な存在感を放つ「ココナラ」。デザインやイラスト、キャリア相談など個人が得意とする多種多様なサービスが出品されている。その数は200種類・40万件以上におよび、登録会員数は170万人を超える。

「一人ひとりが『自分のストーリー』を生きていく世の中をつくる」を経営ビジョンに掲げ、ココナラを拡大成長させてきたのが、運営会社ココナラの創業者で現会長の南章行氏だ。

大手銀行から企業買収ファンドに転身。英オックスフォード大学でMBAを取得し、2つのNPOの立ち上げに参画後、起業に至った南氏のキャリア、人生のストーリーを追いながら、個で生きる力を獲得するためのヒントとなる哲学を聞いた。(全7回)

■第1回 自分の心を満たす仕事はなんだろう?
■第2回 仕事の困難は、苦難ではなく喜びだ
■第3回 強みの反対は消耗。苦手克服の先に幸せはない
■第4回 正しい時と場所、スタイルで仕事をする
■第5回 ハードスキルだけでなくソフトスキルを生かす
■第6回 得意なことで人の役に立てる充足感
■第7回 会社に自分を最適化しすぎてはいけない
会社と自分の関係はバランス良いものでありたいですよね。

自分は、会社のアセットを活用することで、自分の能力のレバレッジや夢の実現ができることで、会社に所属する。

会社は、自分の能力を活用することで、ビジネスとキャッシュを生み出すために雇用する。

そういった感じの互いにリスペクトできる関係が最高だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
これからの働き方を示唆した素晴らしい取り組みですね。自分が何者かを内省化して世の中にどの様な価値を創造していくのかを深く深く考える時代です。
「プロとして働く以上、成果を出さなければいけないけれど、会社に最適化しようという発想は持っていない。
会社の期待、社会のルールに、自分のやりたいことを曲げてまで迎合することはできないんですよね。
そこで会社に自分を最適化しようとしすぎると、ありたい姿とのギャップに苦しむことになるのだと思います。」

自分のやりたいことの実現のために、会社のブランド力でレバレッジをかける、くらいの発想でいきたいですね。
この連載が今出てくるあたり、12月IPOあるのかなあと感じる。南さん、会長になっていたとは知らなかった。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。