新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
有料記事なので全部読めませんが、なかなかショッキングなことですね。コロナで亡くなられた高齢者のご遺族がヘルパーの介護事業者を提訴。なかなかショッキングなことですね。1次情報ではないので、解釈や印象の独り歩きは避けたいところです。

ドーナッツおやつ窒息事故での裁判が記憶に新しく、全国でも従事者の署名活動が大きな運動になりました。
確かに介護や医療には事故がつきもので、ゼロにすることは出来ません。しかし、この判決がヘルパー事業所側に非があったとなると全国へのインパクトはかなり大きくなってしまいますね。
とはいえ、個別にきちんと見ていくと、ヘルパーがマスクをしていなかったとか、咳しまくってたとか最低限の感染症予防対策をしていなかったのであればまた話は変わっていきます。

ヘルパー個人ではなく、事業所を提訴というのも気になります。ヘルパーの人員不足で交代要員が出せなかった、濃厚接触の可能性を伝えてリスク説明や合意形成をしていなかった、1事業所ではなく、在宅介護現場の構造上の課題が出てしまったのか?など、、、

裁判は本当に個別の詳細なところが争点になります。 1次情報でない限り全て憶測になりますので、断片的な記事内容だけで判断することはいけませんが、今後の行方を見守りたいですね。

きちんとした事実を読みたいです。

<追記>
https://news.yahoo.co.jp/articles/51e2a22dd1949b3d27cda54fb45740d3f09d689a?fbclid=IwAR2YdLSi4Gup1zRy0uLLzLx12asyL5fqZ9WbVlP__A8lmvH_Mid-iwRSDmY
こちらの記事では、ヘルパーに自覚症状があったようですね。1次情報でない限り全て憶測になりますので、今後の行方を見守りたいですね。
これは、全文読めませんが双方共に痛ましい事です。亡くなられた家族はもちろんのことですが、この感染症をうつしてしまった事で、損害賠償が通ってしまうのだとすると、医療介護はさらに消極的にならざる得ません。どのような経緯だったか続報を見守りたいです。
症状があったのに勤務を続けていたとする注意義務を怠ったか否かが争点のようです。
勤務を続けざるえない介護業界の人手不足問題が背景にあるかもしれません。
有料記事で全て読めませんが、これがもし損害賠償を認めたら、日本の介護を必要とする家族には大打撃だと思います。
申し訳ないですが、82才の介護を必要とする高齢者が亡くなって4,400万円を要求するって…

4400万円の損害賠償を求める訴訟

アメリカ並みの発想な訴訟ですね。
代理人弁護士はどんな人なのでしょう。
モンスタークレーマーですね。自分で介護や看護に参加しなかった遺族が罪滅ぼしというか後悔の念でこういう行動に出ることはままあるそうです。介護を受けている82歳の死亡で損害賠償って無理だから。
注意義務違反による不法行為に基づく損害賠償請求が認められる可能性があるかということか。

記事だけでは、発症した高齢者と死亡した女性への訪問介護の時間的な前後関係が明らかではなく、果たして、訪問介護によって感染したのかがはっきりしない。

決め手は、訪問介護をした人が「聴覚や味覚の異常」を感じた時の事業所の監督義務の有無だろうか?