新着Pick

「満員電車は甘く見てはいけない」…「地球の歩き方」で東京を歩こう、初の国内版4万部超

読売新聞
海外旅行のガイドブックとして40年の歴史を持つ「地球の歩き方」(ダイヤモンド社)の初の国内版となる「東京編」が話題となっている。9月1日の発売から1か月で4万部を超し、ガイド本としては異例の売れ行きだ。新型コロナウイル
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
満員電車は、乗った人にはわかりますが、乗らないと語れないものがありますよね。昔は硬いカバンを持って乗り込み、右と左からの力が働き、その力のかかりかたにより、降りたときには断層のような切れ目がカバンに入ったのが印象的でした。
エナメル調のカバンに断層が入った姿を見たのはなんとも言えない感覚でした。最近でこそ、あまり満員電車にまでなりませんが、ピークの満員電車はよくこの空間にこれだけの人がうまく入り込めたなと思います。
話が飛びましたが、よく海外の本屋さんで、日本を旅行するとき用のガイドブックを見るのが面白くてながめていました。
東京ってこんなふうに見えるのかですとか、気がつかない気づきが得られて新鮮な気持ちで東京をみますよね。
昔、Lonely Planetの東京を見て、外国人旅行客の目線で都内をぶらつくという遊びをしていたことがあります。

通常、治安のページを見ると特定地域のひったくりに対する注意喚起などが書かれていますが、東京に関しては治安は他国に比べて良いとされている一方で、渋谷や新宿などの街頭広告などの騒音に注意と記載されていて、そんなに気になるものなのかと新鮮に感じたことを覚えています。
外国人旅行客にとって面白みを感じるお店などが載っていて、発見が多かったですね。

近年見たものだと、d design travelの東京は、古き良き東京を扱っていてお店巡りには面白かったです。
https://amzn.to/3ijfPhv
たしかに、国内版なかったんですね!

そして今の時期にやるのはとてもよい施策ですね。
見てみたい。
この本は読んでないが、昔、海外で日本の旅行ガイドブックを手に取って、外国人は東京でどんな観光をするのだろうかとページをめくったら、コンテンツのTOP3が築地、浅草寺、六本木ヒルズで、欧米の大都市と比べると、観光地としては微妙だなと思った事がある。
私は海外取材に行くと帰りの空港で東京のガイドブックを買って帰るのですが、写真が25年くらい前のものがそのまま使われてたりします。なんとなく今の時代からズレた日本のイメージで外国人がやってくるのは、こういうところも影響してるのかなと感じてるのですが、この本がきっかけで海外で出されてる東京のガイドブックがアップデートされたら、少しマシになるのかな。そこが気になってます。
先日、檜原村という東京唯一の村にはじめて足を運んでみたのですが十分に1日楽しめる村でした。つい非日常で遠方に足を運んでみたくなりますが、近場でもまだまだ知らない面白い場所があるんだなと改めて感じます。地元の魅力再発見ニーズは一定あるのかなと思っています。

るるぶ、ことりっぷなどガイドブックは既にありますが、「地球の歩き方」が出すことの意味と価値があるんでしょうね。

4万部購入している人たちの年代・居住地・ニーズが気になります。
犯罪発生率などについて触れられたガイドブックは、少なくとも私は見たことがありません。

アプリではありましたが…。

いいことばかりではなく、悪いこともきちんと書くから信頼されるのでしょう。

セールスパーソンも見習うべき特徴ですね。

「弊社の製品は少々電力を食いますが、処理速度はナンバーワンです」
というふうに。
面白そう! 個人的には京都がほしいですね。暗黙の了解をたくさんガイドしてほしいです。
オリンピック向けに企画したものがコロナ影響で売れるとは!本屋さんでは数量限定と紹介されていたとのことなので、旅好きとしてはコレクションのような気持ちで買うのかもしれませんね。実際の本はデジタルでいいけど、コレクションとして本棚に置いておきたいというニーズは確実にあると思います。海外の友人が来た時に東京を紹介できるように私も買います。

"東京編は、浅草寺や豊洲市場など定番の観光地を網羅的に取り上げた。銭湯巡りや文豪らが愛した名店など、多彩なテーマによるお薦めスポットも紹介している。"
地球の歩き方、東京版がなかったことを今更知りました!下記記事によると東京のマナーや習慣のコーナーも東京版にあるとのこと。買ってみたいと思います!

旅行ガイド『地球の歩き方』が初の国内版「東京」を発行 コロナの影響? 出版社に聞いてみた(ねとらぼ)
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2010/01/news043.html
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア