新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
25万元以下となると、中国のその他のメーカーより値段はかなり低く、ますます売れると思われる。
電池は寧徳時代のものを使い、これではかなり価格を引き下げの原因になる。

この値段ではアメリカへの逆輸出もあり得る。
中米貿易戦争の中では
米米戦争の一側面も出てくるのではないか。

日本メーカー、たとえばこの頃生産を停止する予定の三菱自動車、そのEV車は、電気自動車だけでなく、電池の役割、自然災害時の役割などの対応能力もコンセプトにあり、優れている。
ただし、日本メーカーはテスラを違って中国への製品輸出、現地生産はあまり考えていない。

テスラの成功と日系メーカーの苦戦、明暗を分けている。
パナソニックが上海工場に供給する電池は米国製(ネバダ州のギガファクトリーで製造)。

中国での現地生産から、パナソニック独占が崩れ、LG化学とCATLが参入してきたが、コスト面でCATLが安いとなると関係が複雑になりますね。

更には、テスラは今後バッテリーの内製化をやると言っています。
テスラとの協業に大きな期待を持っていたパナソニックですが、当時は「将来の重点市場」と位置づけていた車載電池は事業計画の見直しを迫られています。
なんか、イーロンマスク氏に振り回された感じですね。
モデル3の値下げはすばらしい。Panasonic製とCATL製でどの程度の性能差があるのかわからないけど、CATL製のほうが高品質で安いと言われる日が近い。日本にも中国製のモデル3が来るのかな。 #Tesla
EVの導入障壁はもちろん高い車両価格。ランニングコストが安いとかリセールバリューが高いとか色々言われているけど、それでも導入コストでがっつりお金を支払える人はそんなに多くはなく、庶民の乗り物とはとてもではないが、まだ呼べない状態。それでも売れているのは中国でのイメージであるとか、中国での富裕層が多いことなども挙げられるのではないか。(日本の富裕層とは文字通り、桁が違う人数。)
とはいえ、本体車両価格が下がればもっと買う人も増えるだろうから、価格が下がること自体はプラス。あとは、品質上での問題などが起こらなければ、電池サプライヤー間での価格競争が続くのだろう。

中国製造産品は車は関税や輸送費も高いから、当面はテスラも消費地国での生産を実施し、地産地消という形になるのではないか。
ダイナミックプライシングですな
時価総額
61.0 兆円

業績