新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当事者の学生さんが、この様な動きで世論を動かそうとされるのはとても良い動きですね。大学と学生達でどの様にすればハイブリッドが成立するのかを、一緒に考えても良いのでは無いでしょうか? US vs THEM といった形の対立構造というよりは、学生さんのアイデアも取り入れて、安全性を確保するという方向性もある気がします。
少なくとも僕が大学生頃は大学に行く理由はまだ見ぬ未知との出会いのため。それが講義であり、サークルであり、部活であり、麻雀であり、人それぞれ重みは違うはず。それら複合的な価値を期待して入学した学生が多いんじゃないか。そろそろ大学をオープンにした上でソーシャルディスタンスをどう保つかを考えても良いのでは、と思う。
今の日本の大学生は、純粋にカリキュラムを学ぶ以上の意味合いを大学に対して求めているということ。初めて親元を離れて自立する、自分なりの新しいコミュニティを作る、といった目的だって全然悪くないし、勉強以外のことが主軸になるタイミングがあってもいいと思います。

恐らく、問題は大学側のスタンス。純粋にカリキュラム提供を目的とするのであれば、リモートでOK。学費を下げて社会人なども受け入れる方向だと思います。学びを中心とするコミュニティ形成も視野に入れるなら、フルリモートは無理があると思います。大学のスタンスがはっきり分かれてくる(というかそうせざるを得ない)ように思います。
本学は後期から1年生を中心に教室講義を再開、密を避けるために、人数に比して広い教室を使用できるようにして対応します。2年生以上は教室が確保できるかで遠隔講義になることもあります。なので、教室講義と遠隔講義が混ざることになります。私の講義は教室講義で実施できるようになりましたが。あとの講義が遠隔講義になる場合、図書館や指定された教室でPC開いてZOOMかオンデマンド動画を視聴することになります。

この混在する講義形式は、学生の負担感あるとは思います。感染症対策は進めるものの、教室の移動もありますし、講義を履修する人も変わるので、触れるモノ・ヒトは小中高とは、格段に増える場所なのでクラスタが発生しないことを祈ります。

アメリカではクラスタも発生しているようなので。
https://newspicks.com/news/5265991

1年生中心に教室講義を再開するのは、人間関係の構築がまだできていないから。まずは半年遅れですが、キャンパスライフを知るところから始めてほしいと思います。
オンラインでの授業は今までも放送大学やサイバー大学ではおこなっています。
授業の内容はオンラインにしても問題ないということです。
それでも署名活動がおこるのは、大学生活は勉強以外のことが多いからかもしれません。
オンラインで代替可能な部分はそのままで、どうしても必要な物だけにしていくのが落とし所ではないですかね。
国家予算の大半は激増する社会保障で消えているのだから対面授業再開のための予算が残っている訳が無い

大学が対面授業を再開しないのは陽性者が出た時にマスコミに寄ってたかって叩かれるから

諸悪の根源はマスコミ