新着Pick

「中国版Waymo」の座を狙う、滴滴と百度 自動運転分野で頂上決戦へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動運転技術の成熟度を示す数値として「一定の走行実験中に(故障等により)自動運転走行が解除(手動に切り替え)した回数」で表します。この数字をカリフォルニア州車両管理局が発表しています。

2018年まではWaymoが1位でしたが、2019年には百度が初めて1位になりました。トップ5は以下です。

1.百度(中国)
2.Waymo(米国)
3.GMクルーズ(米国)
4.Auto X(中国)
5.Pony AI(中国)
※滴滴は8位でした。

このランキングには色々と異論もあるようですが、米中自動運転戦争の様相を示しています。
日欧は自動車メーカー自身が中心に開発を進めており、走行実験も独自でやっているので、実力がよく見えていません。そろそろ自社のレベルを公表してもいいような気がします。
滴滴と百度の自動運転開発の攻防が今日深かった。資金だけでなく人材争奪戦が重要なポイントになっていることも感じます
百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア

業績