新着Pick

8月の鉱工業生産、基調判断を上方修正-3カ月連続プラス

Bloomberg.com
8月の鉱工業生産指数は前月比1.7%上昇と、3カ月連続のプラスとなった。国内外で経済活動が再開する中、15業種のうち自動車工業や鉄鋼・非鉄金属、電子部品・デバイスなど10業種が上昇した。基調判断は「生産は持ち直している」とし、従来の「生産は持ち直しの動きがみられる」から上方修正された。経済産業省が30日発表した。
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経産省の試算値通りにも9月分の生産が推移したと仮定すれば7-9月期は前期比+8.9%となります。
鉱工業指数の前期比は、同時期の実質GDP前期比年率と連動性が高いですから、やはり7-9月期の経済成長率は前期比年率で大幅プラスになるのは確実でしょう。
ただ、記事中のグラフが示しているとおり、水準で見れば、コロナ前の半分戻しまでも行かないでしょう。
8月の鉱工業生産指数は前月比1.7%上昇と、3カ月連続のプラスとなっています。

リリースはこちら
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html