新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポールでのお仕事で(今年はオンライン開催でしたが)こちらを記事化しました。海外から見たときの日本への強烈な危機感がどのスピーカーからもにじみ出ていました。コロナで少し切迫感がでてきたことを追い風にできるか。

山室さん「社会の基盤が整っていることによって、大きく変えられないということがある種、合理的な判断として起こってしまう。日本国内、日本単独で進めようとするとDXがうまくいかないため、日本とアジア新興国との相互補完関係を活かすことが解決のカギ」

本間さん「DXをやろうとするとハレーションは起こるものです。DXを反対する側も、将来的にはそれを進めないといけないことは心では分かっているのではないかと思います。その人たちを「痛みがあってもやっていこう」と説得するためには、実証データが必要で、そのときにアジアのスタートアップで実際にきちんと回っているデータと事例を出すことが有効 」