新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サービスロボットビジネスにおいて、利用者側と提供者側に機能とコストの矛盾があるかと考えます。

【利用者側】
機能のの多様化・高機能化、人より作業効率がよく、導入費用が低いことを期待している。
【提供者側】
開発・製造コストが依然高く、同一商品での大量出荷ができなく、価格を商品やサービスへ転嫁せざるを得ない状況にある。

結局実証実験で矛盾が解消されないまま終わってしまいがちです。

中国では全く異なるやり方で市場を盛り上げています。
初期段階で赤字でも莫大な資金を投入し、話題を大々的に作って、低コストで一気にユーザーを獲得して、スケールメリットで後から利益を上げています。
過度競争により淘汰された企業も数えきれないですが、市場は着実に成長しています。

日本では同じやり方はできなく、地道な実証実験を通じて経済的合理性が徐々に確立して、市場が緩やかに成長していくと予想します。
良い技術を持っている日本企業はビジネス化できないまま、周回遅れになってしまうこと、非常に勿体無い!
昨今、さまざまな場所でロボットの実証実験や試験導入が進められています。
しかし、PoCが目的になってしまい、一時的なニュースになって、それで終わりになっているものも散見されます。
後につながる可能性があるPoCが少しでも多く行われるようになることを期待しています。
PoCの先のビジネスモデルをまず考えて、積極的に取り組んでいくことが重要だと思います。
ロボットに限らず、AIやセンサーなどデジタル全般において近年当てはまる課題だと思います。

原因は大きく2つあると思います。
①バズワードがゆえに、ビジネス目的よりも技術の導入が優先される主従逆転の状況
②技術を正しく理解しているマネジメントが少なく、大局のビジネスモデルが描けていない

特に①が大きいと思いますが、デジタルの領域では「とりあえず試してみよう」が重視されるのも事実です。しかし、ROIや事業継続性など、これまでのビジネスで当然のように考えていたことを無視してよいという意味ではありません。

やるべきことはこれまで通りやった上で、アジリティ高くPoCをするからこそ価値があることを忘れてはいけないのではないでしょうか。
一応ビジネスプロデューサーというタイトルを一度でも持った人間の1意見として言うと、製品・商品開発とビジネスをアラインさせることは非常に難しいです。
ビジョン・ミッションとしてのあるべき未来が明確に描けメンバーと共有されており、ビジネスモデルやレベニューストリームがシャープに構築されており、プロトタイプ段階でポテンシャルカスタマーが複数あり、10年超のビジネスプラン(ビジネスグロース)がしっかり確立され、ようやく市場に打って出られる段階というところでしょうか。それでも成功確率は未知数。
この産業界でそこまでやってから参入している者がどれほどいるか。世の中こちらに向かっているから、とかいった大衆迎合的な参入で成功する事業者はゼロでしょう。まずは製品・サービス、成長モデルの確立と顧客戦略、パートナー戦略。やることは山ほどあります。


と、また薄っぺらいことを書いてしまった、、と少し後悔していますが、このコメントですら耳の痛い方が結構おられるのではとお察しします。
われらが東京ポートシティ竹芝をご紹介くださり多謝。案内、警備、清掃、搬送、消毒、あちこちで活躍しています。同じくスマートシティとして開業した羽田もしかり。竹芝と羽田は政府クールジャパン拠点に位置づけられていて、モノレールでつながる両地域を5Gでもつないで楽しいテクノロジーを仕掛けたい。実験にとどまらず、実装・実働しているのがここの特徴でして、まちぐるみでロボットを育ててまいります。ロボットが当たり前の存在になり、話題にならなくなることが当面の目標となります。
まずは解決すべき課題から見るのが良いと思う。課題に取り組み、結果としてロボットが必要になるという順番。

イスラエルでもロボット開発は盛んだが、軍事分野や農業分野など、差し迫った必要性を起点に事業が立ち上がっている。
やってみただけで、資金が集まった時代の名残かもね