新着Pick
155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学生に同情する。ネット授業がダメなのは、デジタル対応をサボっていたか元々ダメな授業かその両方か。キャンパス閉鎖は大学の管理力の問題で、閉鎖に替わるサービスも提供できていない。大学の存在意義が問われています。(iUは開学時から全オンライン、そしてキャンパスも前期から利用可能にしています。)
大学の学生も新入生からの声としての反発はよく扱われる感ある。やはり、人間関係の構築ができないのは辛いところ。課題などをこなすにも、友人で教え合うなど、双方に効果あるものができなくなっている。また、課外活動もほぼ止まってしまっていたので、講義以外の活動による充実感もないわけで。

かと言って、講義のすべてがオンラインでどうなったかというと、オンラインに対応できなかった教員の講義の質は低かったようだ。課題だけとか、何それ?!だが。
勉強熱心な教員ならば、工夫して提供したオンライン講義で効果を得ているのに。

これで思うのは、新入社員の研修については、ここまでの反感は伝えられてないってことだ。学費を払う、賃金をもらう、立場の違いはあるものの、何らかの教育を提供していることに変わりがないわけで。

他方、楽単を崇める層もいる中、オンライン講義により毎回の課題が課されたことにより負担が増えて、不満が表出したのかな、とも思う。教室での講義ではなかった毎回の課題が、オンライン講義では発生したこともあると思うので。

本来、大学は講義の他に講義外でも1単位あたり1.5時間ほど勉強する分量となってるんだけど、そこらへんもないがしろ(教員、学生双方)にされてたのは確か。ここは、大学のあり方が問われてきてるんだと思う。
読まれる記事、注目を集める記事としてはネガティブな面を取り上げたほうがいいのでしょうけど、実際に意見を聞いてみるとやはり否定的ない意見・肯定的な意見両方が聞こえてきます。人によって意見や温度感は様々。全員がそう思っている、ではなくて「そう思っている人も一定数いる」と思って見たほうが良いかもしれません。どんな記事でもそうですけどね。あと、当然ですが私も自分が見聞きした範囲のことしかわかりません。

でも、何度も言っていますが、やはりみんなと会いたいし飲み会にも行きたい。実験や演習って真面目にやることも大事ですが、みんなでワイワイガヤガヤやって友達作るのが楽しい。どうやって蜜にならずに、登校できるようにしたりオンラインで仲間をつくれたりするか、常に工夫の毎日です。

「提出した課題に教授からのリアクションが全くない」
については人によるとしか言いようがないです。私はオンラインでレポートを集められたことを良いことに、これでもかというくらい書き込みをして学生にフィードバックしました。例年だと手書きなので書き込み量も限られていました。
視点のズレ感の大きさ

この一言に尽きると思います。

学生は、受験前、在学してからも、学校生活・授業、友達との付き合いやサークル活動など、広範で実に当たり前で、現実的な姿を描いています。

一方で、大学側は、単に、学位取得が維持できればいい!他に何かあるの?!、という位、両者がかけ離れてます。

この間をつないでいたのが、キャンパスなのに、そこには入れない。

キャンパスに入れないことで起きてることに、大学側が全然、考えが及んでない。

「え?!オンラインで出来てるし、何がマズいの?!」のレベル。

この差が、課題の大量提出や講義の質の低下、オープンキャンパスはするのに、在学生には開放しないというチグハグを大きく生んでいます。

一般的企業と比べて、学の世界はとても閉鎖的でまた外を見ることも少ないのではないでしょうか。

先ずは、大学が、学生の【本来あるべき当たり前の学校生活】に、心をめぐらして、大学側から歩み寄って欲しいです。
キャンパス閉鎖、オンライン授業のみの大学の対応について、大学生の方の悲痛な声は度々報道されていますね。秋からは一部大学をオープンにする動きが出ていますが・・・。
大学側の事情があるのは理解できますが、やはり可哀そうだなと思います。特に今年入学された新入生の方は、友人できずただ課題に取り組むばかりの方も多いでしょう。大学の価値は授業だけではなく、キャンパスライフを謳歌することも含まれますよね。
大学生の方の自主性だけに任せず、もう一段フォローをする仕組みを整えるべきだと思います。
記事とは関係ないですが、マツキ先生の「本来、大学は講義の他に講義外でも1単位あたり1.5時間ほど勉強する分量となってるんだけど、そこらへんもないがしろ(教員、学生双方)にされてたのは確か。ここは、大学のあり方が問われてきてるんだと思う。」を見て、弊大学では数年前までは前期教養課程で週30コマ+α(裏技を使うと同じ時間帯に複数講義も履修可能!)詰め込むことができて、クラスに数人はハーマイオニーがいたことを思い出しました。
こういう状況だからこそ、未来のために何をすべきかがクリアで途切れ目なく活動している人と、現状の不平不満ばかりを口にして思考・活動停止している人で大きな差が生まれているのでは、と思っています。

大学生の子を持つ親としてこれでいいのかと思うことも事実ありますが、この状況であっても強く生き抜ける我が子であってほしいと思います。そして自分自身もそうありたいです。

いつの時代も愚痴なら誰でも言えます。単なる評論家にはなりたくないものです。
まぁ友達が出来なかったりで辛いのは共感できるんだけど、課題が多くて辛いって、本来大学はそうあるべきなんだと思います…
「コロナ禍」は幻想

大学生が新型コロナで死ぬ確率は年末ジャンボで7億円当たる確率よりも低い

対面授業を再開してもウイルスによる被害が出る確率は無視出来るくらい低いが対面授業を再開しないのは陽性者が出るとマスコミが寄ってたかって叩くから

諸悪の根源はマスコミ

参考:

新型コロナウイルス陽性者水増し
https://newspicks.com/news/5186930?ref=user_358617

新型コロナウイルス死亡者水増し
https://newspicks.com/news/5261818?ref=user_358617