新着Pick
714Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ATMで指静脈認証を行っている銀行なら同じような決済端末が実現しやすいのではないでしょうか。自社で指静脈認証式の勤怠管理を導入していますが、指静脈を撮影するのに手間がかかります。
人気 Picker
Amazonぶっ込んできましたね。すでにシアトルでは試験導入されているみたいです。コロナには適したソリューションであるのは間違い無いのですが、「Amazonに手のひらの情報も渡すか」というのが普及するかの一つのポイントになりそうです。

https://techcrunch.com/2020/09/29/amazon-introduces-the-amazon-one-a-way-to-pay-with-your-palm-when-entering-stores/
まさしくゲームチェンジャー。
決済関連企業がざわつくのは必定です。
スマホもカードも不要、さすがAmazon!

手のひら認証、便利ですね。店舗だけではなく、電車の改札など交通機関とか、適用範囲は広いです。

顔認証より潜在的な課題も少ないでしょう。それ以上に、日常生活での利便性が高い。生活密着型企業Amazonならではの取り組み。

ただし、写真に写る時、手のひらを見せないように注意しましょう。
日本でも富士通が開発して、ミニストップやローソンで実証実験が行われている。
Amazonだけではないので、日本企業の取り組みにも注目が集まると良いですね。
ローソンのPickではネガティブな意見が多かったけど。

『レジ無しローソン、実験店舗公開 手に取った商品を特定し自動会計 -』
https://newspicks.com/news/4644662/
手のひら認証というのは、今まで考案された中でもっとも実現性が高くて普及が速くなる可能性があります。

もっとも、『個人の生態情報を取られるのがイヤだ」という人もいるかもしれません。

そういう人のために別レジを作るか、そういう人はカードを使ってもらうか・・・。
コストを考えれば、カード代用可にするのが一番でしょう。
入店した瞬間から個々の顧客の動きや購入態度が分かるAmazon Goでの買い物ほどではないにせよ、これを他企業も活用すれば、誰がどこで何を買ったかが具に分かりそう。それを書籍その他の買い物情報等々と併せてビッグデータとして活用すれば、個々人の趣味嗜好や健康状態といったものまで把握した様々なサービス提供が可能になるかもしれません。いずれAmazon Goなみに入店した時から動きを補足して、出口で個人を特定すれば、情報はもっと増えるかも。
無人店舗といえばデジタル技術を活用したレジの効率化に留まっているところが我が国では多そうだけど、amazonは多分その先を行っている (・・;
コロナの影響で、日本もカードを店員さんに渡さなくなったのが嬉しいですが、ここに来て、タッチ決済も急激に浸透して来ました。あれが、カードを出さなくても良くなると、もっと嬉しいですね。

クレジットカードと紐付けるとのことですが、それはどこでやるのかが気になります。

スウェーデンではICチップを手のひらに埋め込む方法がテストされています。

手ぶら決済は、来年の目玉かもしれませんね。
ビジネスモデルとエコシステム作りが肝要。AmazonはIDと決済機能が既に揃っている点、信頼度やブランドもグローバルに強いのが利点。
テクノロジーだけでなくその利点やコロナなどの情勢を大きなマーケットを起点としたプロダクト作り、仲間作りを素早くやれるか、winwinを描けるかが課題。
動きの速さならリキッドも相当なもの。顔などであればNECが攻勢をかけつつ、公共分野を中心に力を入れている。
決済は、今改めてブームが来ている。ドイツではサムスンペイが提携を始めてきた。
技術的には各社出てきていますし、今後もこの手の技術は色々と出てくると思います。
しかし、イノベーションは普及することを前提とするものですので、どのようにこれを普及させるのか、という点に着目したいと思います。
amazon、ついに出してきましたね。amazonにとって「レジでの支払い」をいかに改善するかが注力ポイントであることがわかるサービスです。

もしかしたら、大化けするかもしれませんね。カードやデバイスを使わずに、手のひら認証なので、「忘れた!」ということがありません。

これでいけるのであれば、日本では無敵とも言えるSuicaも劣勢になるかも…そのくらいインパクトがあるサービスですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません