新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
九州のドラッグストア「コスモス」の食品による成功を見て、多くのドラッグストアが食品に参入しています。
コスモスに行った人ならわかりますが、ちょっとしたスーパーです。若干違いますが、まいばすけっとにドラッグストアがくっついた感じといえば、わかりやすいでしょうか。

コロナ禍の前から、各社、食品強化の方向でしたから、コロナ禍関係なく、どんどん力を入れると思います。

食品、特に生鮮食品は、来店頻度が高いですから、競合のドラッグストアに勝てる商材です。
力を緩めることはありません。
ドラッグストアの利益の源泉だった調剤と化粧品がもうあてにならない、だなんて、コロナウルス禍の前には想像もしなかった世界です。小売業の中でもコロナウルス禍によって取扱品商品を一番大きく変えたのがドラッグストアではないでしょうか。小売業は変化対応業と言われますが、ドラッグストアは昔から変化対応が早いですね。そもそも昔は化粧品をドラッグストアで買うなんてなかったわけですし。
コロナ影響でインバウンド需要が減ったり、マスク着用で化粧品ニーズが減っている中、食料品にシフトしているとのこと。以前より郊外型の店舗には生鮮食料品以外の食料品は充実していて便利だと感じていましたが、生鮮食品も買えるようになってきたのですね。生鮮食品が入ることで、物流や在庫調整の難易度があがりますが、海外のようにリアルタイムで分析し、オペレーションを最適化できる店舗が生き残っていくのだと思います。
確かに経産省の商業動態統計見ると、ドラッグストアの売り上げは1-3月ピークに鈍化傾向にありますね。
代わって伸びを加速させているのがスーパー、家電量販店、ホームセンターになります。
また安売り…
コロナで輸入が一時停滞し国内農業の大切さがわかったんじゃないのかな。。
もう忘れたのかなー。
喉元過ぎればってやつでそんなもんかもしれませんけど。
宮崎に住んでた頃にコスモス愛用してました。いまはウェルパーク(いなげや系列)愛用です。コンビニよりか使いやすい。コンビニに負けるのは、弁当くらい。