新着Pick

コロナ禍、女性対策が不足 国連発表、日本は介護支援に難

共同通信
コロナ禍、女性対策が不足 【ニューヨーク共同】国連のUNウィメンと国連開発計画(UNDP)は28日、新型コロナウイルス感染拡大...
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナの文脈における女性保護対策なので一概には言い切れませんが。
国連によると、介護を無報酬で担う女性への保護について、日本は至っていないとのことです。ただ、日本は介護保険制度成立攻防の過程の中で家族(当時の想定は主として女性の家族)への現金給付については採用しなかったという経緯があります。もし家族に現金給付を解禁していたら、プロの介護職に頼むより、嫁などに担わせてお金をもらう方が良いという風潮になり、女性をかえって家庭とケア労働に縛り付けるという反対意見があったからです。また介護保険サービスの利用普及の妨げにもなっていたでしょう。
コロナの対策としてここを対策する前例をつくると一気にそちらの議論に傾く可能性もあるので、そうならないようにしたとも言えます。
ただ、コロナが無くても、介護人材不足の文脈から、介護家族への現金給付は今再燃しようとしている傾向もあります。
「(1)女性への暴力対策(2)無報酬介護の支援(3)女性の経済保障強化―の3点全てに措置を取ったのは206カ国・地域のうち約12%の25カ国にとどまり、取り組み不足が鮮明になった」とのこと。

昨日は日本でもコロナによる女性の雇用や生活への影響を調べる研究会が設置されると報じられていました。
【新型コロナ 女性の雇用や生活影響分析へ研究会設置 内閣府】
https://newspicks.com/news/5258489