新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今でこそ日常的にPCR検査を注文するようになりましたが、10年ほど前を振り返ってみると、臨床現場でPCR検査を用いることなど皆無に近く、PCRと言えば遠い実験室でのお話でした。

それが今や毎日のようにPCRを出そうという会話になり、一般の方まで「PCR検査を増やせ」などと言う時代になったのですから、分からないものです。

真に必要とされる技術というのは、最初は火の目を見なくても辛抱強く待てばいつか大きく羽ばたく日が来るということなのでしょうね。
GSユアサのGSって「島津源蔵」のイニシャルだったんですね!知らなかった!!

先日の4連休はたまたま出張で京都だったので、ついでに島津製作所の創業の地(資料館)にも寄ってみました。

いまはノーベル賞受賞者を輩出するほどの先端テクノロジー企業、グローバル企業で、本社も島津城下町のようになっていますが、もともとは仏具店だったんですよね。
“このレントゲン装置を国内で最初に手掛けたのも島津製作所なのだ。”

1895年にドイツの美しい町ヴュルツブルク(ロマンチック街道の起点)にてレントゲン博士がX線を発明(発見)したそのわずか11ヶ月後にX線撮影を成功させた日本の先人達は偉大でした。まだ飛行機も飛んでいなかった時代です。
https://www.takedahp.or.jp/publicity/health/entries/post4884.html

今回のコロナ禍でも国内のPCR体制がなかなか整備されないなか、CT等のX線検査がどれだけ現場をカバーしたことか。(あまりにカバーさせすぎだろ...と思わぬでも)。

先人達には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

うるさい事を言うとX線写真をレントゲン写真というのは正式には間違いです。謙虚なレントゲン博士御自身が嫌っていたからです。
カッコイイです

ワクワクしますねぇ
継続は力なり。23年前から研究開発をしていたとは驚き
株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英語: Shimadzu Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器を製造する企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.32 兆円

業績