新着Pick

電動キックボード10月に公道実証スタート。次世代モビリティが走れる場所は拡張されるのか?

Business Insider Japan
9月24日、電動キックボードの開発・普及や、電動自転車のシェアリングサービスを提供するLuupは、新宿副都心エリア環境改善委員会と「西新宿地区のスマートシティ化推進に向けた連携協定」を締結。 その一貫として、10月中旬を目処に電動キックボードの公道走行の実証試験を行なう計画を発表した。 電動キックボ...
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現状ではヘルメットの着用、ナンバープレートや各種灯火類の装着義務はしかたないと思いますが、これが前提の導入では(いかに自転車専用道路をはしれても)難しいと思います。

キックボードにいいところは手軽でカッコいいことですから。ナンバー付きで、ヘルメット被ったら魅力は大幅減です。

(規制の厳しさや道路環境など)色んなことを考えると、私は日本でのキックボード普及は「ない」と思います。
こんどこそ生活に根ざすサービスが生まれるか、期待したい。日本で、自転車でもなくバイクでもなく車でもない、NEWモビリティの社会実装の取り組みはこれまでも行われてきた。ただ、セグウエイに代表されるように、結局はニーズを掴みきれなかったり十分な規制緩和を実現できなかったりで、失敗に終わっている事例が多い。これは、日本に限った話ではなく、海外においても同様。

新しい取り組みはそれだけ障壁が多いということだが、ニーズをつかめさえすればブレイクスルーはあると思うので、関係者の皆さんには頑張って欲しい!
大事な一歩。周りの人もうまく使うべく工夫してみよう!
ヘルメットのことにコメントされている方も多いですが…先行している米国の都市部で、ヘルメットを着用していなかった場合の事故の悲惨さを、理解されたら「ヘルメットはかっこ悪い」とは言えないと思います。

電動キックボードは、性能的にはバイクに相当するので、ヘルメット着用は必須だと思います。

この電動キックボードをシェアした場合、これ自体は、ほしいところで乗ればよいのですが、そのためには、いつもヘルメットを持参しないいけないので、UXは良くないですよね。

かつ、最近は、電動キックボードの価格が低下してきているので、シェアで毎回お金を払うより、自分で買って持ち歩いた方が便利です。

そう考えると、電動キックボードでシェアリングというビジネスは難しいでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
電動キックボードや電動自転車を、原付バイクと同じヘルメットとナンバープレートを付けないといけない、とするなら普及はしないだろう。日本では、過去の基準で新しく生まれたライフスタイルを規制する。そんなことをしていたからドローンでも遅れをとったのである。新しいライフスタイルは、官許でなくゲリラ的に拡がるものなのだ。
アブナイヨ

自動運転は再学習しなくちゃですねぇ データが少ないのでコワイコワイ

あ、ヘルメットは忘れずに
コレのどこがいいのか未だに理解できない

小径ミニベロ電動自転車じゃダメなの?
電動キックボードがシェアライドとして普及されれば、便利を超えて生活必需品になると思います。

シアトルで2年の間に、LIME BIKEというシェアライドがどんどん進化し、ハード面でもソフト面でもUpdateされ続けていたのを実感しましたが、
シェアライドのキックボードや電動自転車がもたらす移動の気軽さは一度経験してしまうと、今までの生活を不便とすら感じるパワーを持っていました。

その点で、キャッシュレス化やハンコレスの動きと似た側面がありそう。ユーザーとしても普及に貢献できるように、うまく使っていきたいです。
自転車にしろキックボードにしろ、安全な普及のためには、国際的にも甘すぎる路上駐停車対策の厳格化が必須です。
こういう新ジャンルものは、法制度等の枠組み論を先にやってしまうと、色々な可能性の芽を摘んでしまうことになる。

便益は使ってみないとわからない。そしてリスク管理は便益とのバランスで度合いが決まる。先に安全サイドに振ってリスク管理すると、便益を模索する機会そのものが失われてしまい、現状を変える機会は永遠に失われる。

ライドシェアも民泊も、同じ話。