新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポールの「コンサルタント会社」Black Tidingsに日本オリンピック委員会が電通経由で2億3千万円払った、ということ自体は4年前には明らかであったことです。この2億3千万円の一部が、セネガル人の国際オリンピック委員に渡った、という話です。
東京五輪招致疑惑「違法性なし」 JOC報告
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H4P_R00C16A9CC0000/
 Black Tidingsは、コンサルタント会社というか、個人事業で、登記されている住所も、シンガポールの団地の一部屋です。国際資源開発とか、国際教育とか、国際何とか共同プロジェクト、といった事業には、だいたいこういう「コンサルタント」が現われて、工作資金を求めてきます。欧米企業や日本企業だと、現地の政治家や役人に直接ワイロを渡すのは、最近ではコンプライアンスがどう、といった話になるので、「コンサルタント」を経由して渡すことになります。
 オリンピックや万博、ワールドカップ、ノーベル賞、世界遺産といった世界的イベントでは、こういう資金が求められるのは常態化しており、「コンサルタント」が跋扈するのも常態です。こういう世界的イベントを招致するのであれば、避けては通れないでしょう。
 問題は、一つには、2億3千万円の出所が国の予算でであり、議会や有権者から見て適切な使い道かどうか、ということではあるでしょう。このての工作資金は、他にもいろいろ使われていて、金額からいっても、これは氷山のごくごく一角、といったものですが。
五輪の招致に金が動いていることは、今までの報道などから明らかです。

今までもそうですが、いろいろと発覚するものですね~。

国や東京都が何が何でも五輪を開催しようとしているのも、中止になった時に裏金問題を追求されかねないという事情もあるのでしょう。
世界が公明正大だと信じ過ぎることも、適切だとは思いません
日本だけが公明正大であっても武力を放棄しても
世界がそうだとは限りませんから
そして危機の時、しぶとく生き残るやつはそうでない連中です
オリンピック招致の票田であるだけでなく、国連のかなり多くの幹部ポジションは、アフリカが占めています。
彼らの母国の経済力を考えると、国連職員の給与水準は高く、賄賂も彼らの経済感覚からすると破格です。

国際機関の汚職や馴れ合いがアフリカ諸国が根源なのは、恒常的な問題だと思います。
Black Tidingsがあったビルの一階のコーヒーは意外と美味しかったなあ。
本来の開催時期の前後にスクープにしようと思ってたら日本人以外ほとんど誰もオリンピックなんか意識しないことになっちゃって出すタイミングを逸してる記者さんとかいるのかね。
コンサル経由で賄賂をしないと招致できないんですね。委員会はしっかりと「正攻法では勝てないので税金で裏金を使います」と言うべきでした。そうしたら誰も支持しなかったし、今頃その予算でコロナ対策でもできてたかもしれません。
ヘー。IOCって凄いんですね。IOCの高官は外国政府要人と同じ扱いなのでしょうか?