新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【国際】欧米諸国が「イデオロギー外交」を展開する中で「現実主義外交」を展開したと好意的に評価すべきか、自由民主主義国家として欧米諸国と足並みを揃えて「イデオロギー外交」を展開すべきだったと批判的に評価すべきか難しい問題。ただ、当時の三塚博外相が親台湾派の清和会の出身であることを考えると、外相でありながら自らの信念を外交政策に全く反映できなかったことがうかがえる。