新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なるほど、会社を丸ごと買収するのではなく、新しい会社を作ってそこにTikTokの事業を継承させ、尚且つ利用者データの受け皿になるクラウド基盤を提供することで、データの海外(中国)流失を担保するということか。この方がオラクルにとっても、トランプ政権にとっても扱いやすいはず。かしこいやり方です。
このスキーム、見方によっては、大統領命令でアメリカ企業にビジネスを作ったようにも見えます。
オラクルならば、まずアメリカを裏切らないから安心ということかと。これからは、アメリカ政府へのロイヤリティの強さが、アメリカでのビジネスに求められるということになるのでしょうか…
→スキームは赤井さんの説明が分かりやすいです
問題を解決した。
これではフェースブックやツィターが中国で合弁企業を作り、
業務展開していく可能性を生み出すだろう。
最終的に解決する、抹消するのでなく、よかった。

中国も相当知恵を出したと思われる。
おおっ!私の予想当たってるやん!
以前のコメントのリンクの貼り方わからず証明できないけど….
トランプのやり方は汚いですが、提携内容はなるほどって感じです。

当初はオラクルとTikTokのシナジーはないと思いましたが、オラクルのクラウドサービスを使うってことですね。
それならオラクルは出遅れたクラウドで挽回できますし、米国としては情報を米国内に置いておけます。

あとはウォルマートとはどのような思惑があるかが気になります。
オラクル、ウォルマート管理下となることで「米国企業にし雇用を増やし、オラクルのクラウド上でデータを守る」として大統領はPR可能。バイトダンス側も4割出資は妥協できるレベルでしょうか。
オラクルとウォルマートはTikTokの米国事業を引き継ぐ新会社に最大20%出資する。
中国政府が認めるんですかね。

業績

日本オラクル株式会社(にほんオラクル、英語: Oracle Corporation Japan)は、米国企業オラクルコーポレーション (Oracle Corporation) (1977年設立)が、1985年に日本で設立した法人である。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
1.36 兆円

業績