新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分のキャリア的に、21-2歳から働き始めて、20年近く一度も固定席で仕事をしたことがない私には、「フリーデスクの抵抗感」が何故発生するのかよく分かっていない。多分、今後の就職世代は皆私のようになるだろう。
そして、この20年と言うもの固定席族に効率性や仕事のこなせるボリュームで負けたこともない。なので「固定だと生産性が上がる」というのも全く実証出来ない。

ただ、この8年と言うものコワーキングスペースやイノベーション拠点を複数運営し、そのレイアウトや設計をやり続けている人間として、オフィスのレイアウトには一過言あり、すべての職種に対して、同一の働き方を強要してはいけない、と言うことだけ、明確である。

紙資料がやはり消えにくいバックオフィス業務や座って集中したエクセル業務を何週間も抱えるような業種は、決して向いてない。むしろフリーアドレスがストレスである。また、エンジニア、プログラマーも、同じ空間で同じ作業をし続けることで効率が良くなるため、環境を変えることのデメリットがある。

日本はまだまだオフィス空間や働き方の科学で遅れている。全員一斉リモートとか離島へとかは失敗の元。多様な働き方を制度として迎え入れ、空間設計としても可能にしなければ意味がない。まだこの分野は発展途上であることを痛感する。
固定席でないと仕事が回らないなら、何か仕事のプロセスやツールが古くて現代の仕事の仕方に問題がないか疑ったほうがいい。

自分の経験では固定席でありがたいと感じているのは、実態としては荷物置き場ぐらいじゃないかな。大きなロッカーにすれば大体要件は満たせるよ。
コンサル時代は会社に席はなく、今で言うフリーアドレス(?)で、基本プロジェクトでお客さん先かお客さん近隣のオフィス借りて固定席数カ月とか。転職して固定席のブースだったときは感慨深かったです。その後、起業したとき、最初はアカデミーヒルズのライブラリーの会員になって作業してた。オフィス構えるようになってからは大きなテーブルをIKEAで買ってフリーアドレスぽく(いつも同じ場所だったけど)してた。
大学では固定だったけど、在宅勤務が半年になってます。
日本だとフリーアドレスにしてもいつも同じ場所に陣取る人も少なくないのかなあと思ったりします。どうなんでしょう?考えなくてもいい楽さというのは固定席のメリットとしてはありそう。
やったことがないから抵抗してた。組織にしろ国にしろ、成長や変化を止めていたのはコレ。小さく実証して周りに広げるアジャイルな手法をしばし採ってきたけど、そんなんじゃダメだ一気にやれとコロナにひっくり返された。