新着Pick
380Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会に出ると嫌な人が増えるのではなくて、学生時代は同質(例えば偏差値などが分かり易い例)かつ気が合う仲間とだけ付き合えば良かったのが、社会に出ると多様な人たちとの関わりが必要になってくるから、「自分の価値観と合わない人≒嫌な人」が増えた、と感じるのではないかと思います。

そして、嫌な人とか合わない人というのは、自分の視点から見たらそうだけど、他の人の視点から見たら自分が嫌な人かもしれないので、難しいですよね…
妹と鬼滅の刃を読んでる時に「人間から見たら鬼が悪者だけど、鬼から見たら鬼殺隊だって同じ事してるから、どっちから見るかだよね」って言われて、確かにーと思ってしまった次第です。笑

社会で「一体感を持って何かを成し遂げる(例えばプロジェクトなど)」機会では、学生の頃より異なる価値観の人たちとの共同作業になるので難しさを感じがちですが、最終的には「すごく高みにある想いを共有出来るか」が重要な気がしています。
以前某社のCEOからお話を伺ったのですが「判断に迷ったら、判断の視座をどんどん上げていけばいくほど間違えない。例えば、自分の利益から、自部署全体、会社全体、業界全体、日本全体の為にどちらが正しいか、というようにです」
と仰っていて、すごく納得した記憶があります。

価値観の多様化が進んでいるからこそ、最近多くの企業が「vision」とか「purpose」といったものを重視し出しているのではないでしょうか。
その大義さえ共有出来ていれば、やり方や考え方は多様で、「嫌な人」ともうまくやっていえるかもしれないです、もしかしたら、多様だからこそうまく行く事もあるかもしれません。
上には上があると考える。

目の前にいる人をつぶして、勝ち組になった気になる。でも、それは会社など狭い世界でのこと。

世界には、素晴らしい人がたくさんいます。視野を広げて、せこい争いはしない。

嫌な人になって、どんどん小物になると、未来の可能性も小さくなるだけですよ。

自分の成長に集中しましょう。
社会に出ると、出世競争で他人を貶めようとする輩がたくさんいます。

私も社会人一年目の時は、「どうしてこんなひどい人がいるんだ」と思うことしきりでした。

「他人を貶めることに必死になっている面々」があまりにも多くて驚きました。
昔から男子家を出れば7人の敵ありともいいますね。
(7人というのは大勢という意味)

大事なことは彼らはあなたにとって敵かもしれないし、少なくとも嫌な奴かもしれませんが、決して人間としての本質では悪人ではないと言うことです。

ある漫画にこういうセリフがありました。
「どんな良い人間でも、きちんとがんばっていれば だれかの物語では悪役になる」

あなたに大勢の敵や、嫌な奴が立ちはだかるのは、それはきちんと頑張った証なのです。
決して落ち込んだり、気を病む必要はありませんよ。
「身近な幸せに目を向けることです。」に共感。 幸せの物差しは 人それぞれ。状況によっても変わる。
同調圧力から脱して、個の尊重と 個の集合体が 幸せな組織を作っていく世界が、すでに始まっている。
人間同士だし相性はあるから、多少はしょうがない。でも嫌な人が、組織的に生まれやすくて耐えられない組織なら、自分のパフォーマンスのためにも組織を変えることが重要だと思う。
人生、時間は有限。嫌な人と付き合う時間は最小化したい。ただ、誰もが嫌と思う人と、自分が嫌と思う人は必ずしも重ならない。特に後者について、なぜ嫌と思うのか(なぜ自分にとっては合わないのか。自身の特性との組み合わせで、相互に「嫌な部分」が顕在化しやすいこともある)の言語化をして、組織やポジションを選ぶ条件にすることが重要。
面接の際に組織が理由で転職を繰り返している人は、そこが甘かったり、想定が甘い(そういう職場環境だったら一般論として想像できることが顕在化)ことが多いと感じる。
そして、それが他の条件と比べてどれくらい重要なのか、腹括りも必要。必ずトレードオフがあるわけで…
「仕事しなけりゃ、みんないい人」
と言った人がいましたね。
普段、人当たりのいい人も、仕事がからむと変わるというのはよくある話。
そこも踏まえて、人間関係を組みあげていくのが、大人というものでしょう。
社会に出ると嫌な人が増えるように感じる理由は、私は高等教育機関に進むにつれて同質な人たちとしか交流しなくなっていくのに、社会に出たら、そうでない人と交流せざるを得なくなり、カルチャーショックを受けるからというのもあると思います。今まで通用していた常識や美学が通用しない人と出会うというか。まあ社会に出る前が世間知らずだったといえますね。
>これまでの長い人類の歴史において、そんな平和を実現させた国や地域は存在しません

局所的には存在する。例えば、ティモシー・リアリーらによる一連のハーバード・シロシビン計画では、シロシビン(マジックマッシュルームの成分)を使った集団精神療法を行った(1961年 コンコード刑務所の実験、1962年 マーシュ礼拝堂の実験など)。その結果、参加者の殆どが神や愛を語り、争いはなくなったとのこと。

私にとっては、大学院時代の方が遥かにストレスフルな人間関係で、社会に出たら大したことしてないのにお金もらえるし、なにもしていない人は多くいるけれど、脅迫したり仕事を破壊してくる人は少なく、命の危険を感じることはなくなりました。むしろチームメンバーには協力的な人が存在するという天国状態。
学生時代のほうが、嫌な人いっぱいいましたけどね。
今のほうが、世の中良い人が多いなぁと思います。
そしてそれは、自分の気の持ちようによってるように思います。

・自分と考え方が違う人もそれぞれの事情があるとそれなりに理解できるようになった
・身の程を知ることで、人と比べて無用な妬みややっかみを感じることがなくなった
・嫌がらせしてくる人がいても視界に入らなくなった