新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の研究などがある程度自立できる時期にトランプさんはデカップリングを持ちかける。
本当の自立を促している行動とも思わせる。

この記事は大学の数、大学生の数、さらに研究開発者の数などを言っていなかったが、
中国のほうが圧倒的に多く、
これからはますます増加する。

この記事はさらに企業のモノづくりの水準を言及していないが、
普通の製品の製造(ハイテク分野ではまだまだ大きく立ち遅れている)では、中国のほうがアメリカ以上に力があり、新技術にたいするニーズ、使用の可能性も大きい。

今後しばらく中国は猛追するだろうが、
中国をパートナーとして処遇のではなく、排除して、
はたして米国の利益になるだろうか。
共著関係だけをみると表層的なものしか見ることができない可能性があります。他組織共著となっているものには、夏季インターンで一緒に仕事をしただけというものも多く含まれます(もちろん、その研究が製品化までつながることはありますが)。また、シニア研究者が単にクロスアポで複数の組織に所属しているだけの場合もあります。もちろん、論文の中身を見ただけではどれがどれかはわからないわけですが。

と、ここまで書いてちょっと論調を変えてみます。あるところで日本のAI戦略について議論することがあったのですが、未だに「海外の著名研究者を呼んで日本に滞在してもらおう」という論調が強いです。私は逆だと思っていて、彼らのホームグラウンドに多くの人材を中長期で派遣すべきです。そこで人脈を作ってもらうことがその研究者の財産になります。他の国はそれをわかっているから積極的な人材交流をするのだと思います。

具体的な自分のエピソードについては下記に記してあります。

「日本は存在感が薄い」東大AI研究者が危機感 国際会議でも「日本人同士で閉じこもっている」
https://newspicks.com/news/4436191
研究開発だけでは無く、社会の分断を避ける上でも
危うい言葉だと思う。

ローマ帝国においても、属州国のエリートの子供も
ローマのエリートと共に学ばせていた。

日本も明治維新の元勲は、海外経験が有りバランス
がとれた判断ができたが、その後は歴史の通り
である。

現代の国際的な企業はどこも、その幹部に国際経験
を求める。
ー米国にとって自身の研究力を損なう「もろ刃の剣」となる危うさをはらむー それと中国阻止と、プラマイ計算してお釣りが来るほどでしょう。研究者はインドも台湾もカナダも英国もおり、この切り口でも中国に分が悪い。
多様性を排除すると進化が進まなくなります。が、ルールというか信義則は守らなければなりませんね。
全体としては問題はさほどないと思いますが、完全な分断は、機械設計・製造関連分野ではインパクトありますねぇ インドのトップ学生さんは皆AIにいっちゃうので、この分野には来てくれません ワタシも最近10年位は、PhD卒業生の7ー8割は中国人のコたちです
中国は人材を派遣して呼び戻す海亀戦法とトップダウンの政治手法が可能にした莫大な投資によって、科学技術分野において近年稀に見る目覚ましい躍進を遂げた(実際にはまだ成熟には程遠く玉石混合だが)。その成長の微分を見て慌てた米国がかつて日本にしたように中国をいじめている(ように見える)。世界の覇権を狙う中国が米国のこの嫌がらせに外交的にどう対応していくのかに注目している。
中国は圧倒的な数の力で、自国中心主義で行くところまで行ける。その中で、本来開放系の米国から取れるものは取って益々優位に立つというゲーム。米国としては対中国では自国中心主義に振りつつ、残りの世界で開放系・互恵的な世界を築くのが打ち手。
続く米中対立で、研究分野でも米国が国内の中国人留学生や研究者を一部排除し始めているそう。
これまで米中の共同研究が熱心に行われてきたようですが、米国での留学から日本での留学に切り替える方も出てきているようです。
留学生まで対象にするのもなんか可愛そう。